スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み00■カブトムシと知的欲求

2010年07月21日 07:33

夜稽古から自宅に着くと、夢子が、
「うわっ! ママ見て~、ほら、石のとこ……」
「なにクモ? 面倒だからスルーしよ……おおおおっ♪」

今季初の、カブトムシ♪ しかもオス♪


100720 

捕りに行く手間が省けました。 いらっしゃい。ようこそ我が家へ。
あとで仲間を探してきてあげるからね。


さあ、らしくなってまいりました。 


*  *  *




*  *  *



そしてやっと1学期が終了。
35日間という、短かめの休みが始まります。



予想どおりで驚きもしなかったのですが、夢子は、「成績下がっちゃった。てへ♪」。
帰宅後、また剣道に行くか寝ちゃうかで、週1くらいしか勉強しないもの。
当然の評価でしょう。よく見てるわ、先生も。
世の中、頑張ってもすぐに結果は出ないが、頑張らない結果はすぐに出ますね。


「どうして勉強するの?」  
夢子が小学生のときの質問です。訊かれた私は、こう答えました。

理由その1。外向け。
  社会に出てから、人にまともに相手してもらうため。
  アホを極めれば可愛がってもらえるが、それが無理なら一般レベルで学んでおけ。
理由その2。内向け。
  知りたいという欲を満たすため。それはドキドキワクワクな作業だ。
  「する」んじゃない。「したくてたまらない」はずだ。
  私の場合はあまり…、特に数学にはそれを感じなかったけれどね。

夢子は脱力して遠い目をしてました。
私の本心なのに。ふざけてないのに。 

だからでしょうか、「テストで良い点とったら○円進呈」とは無縁な親です。
①知る楽しみを満たし、②自分の血肉になり、③人に褒めてもらえるチャンス、
3大メリットがありながら、さらに④報酬?  それ期待しちゃうわけ?


けれど私も気がつきました。
問題は、どうやら夢子は「知る楽しみ」まで至ってないってこと。

やってみたい → 頑張る → 楽しい♪ → もっとしたい → ∞
遊びや部活なら何も言わなくてもこうなのだから、勉強でも、できなくないはず。
少しはそんな傾向もあったのに、どうも最近、こうならない。
多少、流れの順番が違っても、やってみるうちに流れができれば、これ幸い。

夢子ももう14歳です。
理想論をわかった上での、鼻先にニンジン作戦であれば大丈夫だろうか。
さくっと本人に訊いてみました。
「してみる?」 → 「するする!絶対する!」 → 商談成立。ゲーム感覚。

休み、頑張るそうです。 試しです。あくまでも。
このやり方を試したことがないので、夢子に合うのかどうか。
でも成果報酬は、現金でなくモノです。 ←同じか。。


自分なりの知的欲求を満たす快感。
私は学生時代に気づきたかったので(笑)、早めに気づくほうが楽しいよ、と思うわけです。
自分タナ上げ、そこを突かれると痛いのですが。


*  *  *


さて。 私の心を満たすの風物詩、カブトの成虫。
お菓子の紙箱にドライバーで空気穴をあけた「仮住まい」を用意しました。
虫かごを探すのが面倒で。

ところが彼は家じゅうを徘徊していたのです。

箱をあける前から、「逃亡」に気づいた私。
だって、これ↓。この状態。
100720  (2)

すごくない?
穴を少しずつ広げていくなんて、このカブトムシ、かしこい! 知的!

地道に、わしわし厚紙を噛み続けたのかしら。 逃げるために。自由を求めて!

彼を、ジャン・ヴァルジャンと名づけることにしました。
その意味がわかんない夢子。やれやれ。世界の名作、読んでみれば?

愛着が強まったので住まいを補強してあげたのですが、翌晩も彼は脱獄しました。

別のところの穴をこじこじ広げて。
実はその様子を私はずっと観察してました。やる気まんまんだったから見ていたの。
すごいよね、もうここまでくると。 虫ながら、あっぱれです。


自由へのあくなき欲求。たゆまぬ努力。衰えない熱意。
それをどうか夢子にください。
じゃなくって、それらに敬意を表して、逃亡の手助けをすることにしたのです。

「なんとしても監獄を破ったる!」という彼の意向をあくまで尊重し、
ただ逃がすんじゃなく、箱を外に置いて脱獄を待つことに。=手助けです。

やがて、箱から這い出してきたジャン・ヴァルジャン。
達成感に浸っているのか疲れたのか、しばらくジッとしています。 
やりすぎたかしら、体力奪いすぎたかしらと不安になりかけたそのとき、
ブルブルッという力強い羽音とともに、彼は飛び去っていきました。
「さあ、お行き!、コゼットのもとへ!」

「ねえママ…、コゼットって誰?」
だから読めば分かるっての。 読みなさいよ、★★★★★星5つだから!



今まで出会ったなかでイチバン手ごわいカブトムシだったわ、
虫ずもうしたがる子や羽をむしろうとする子に捕まらないで賢く生きてね、ジャン。

そして自分で決めたことは守りなさいよ、夢子。
私も約束は守るから。 
わかったわかった、もうカブトムシを家に入れようとしないってば。



よい休みでありますように。 みなさんも。うちも。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。