スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の宿題で感動する

2009年12月29日 23:59

夢子の冬宿題、その④は、
誰かに、仕事のことについてインタビューするという「職業調査レポート」。

「どうしてその仕事を選んだのですか?」
「大変なことや、つらいことはなんですか?」
「うれしいことや、やりがいはなんですか?」

夢子がインタビューしたのは、私。  今、仕事らしいことしてないから恥ずかしいけど。
いろいろ答えていたらね、、グッと、こみあげてくるものがありました。
…そっか、私、こういう気持ちでこの仕事を始めたんだっけ。。忘れてたな~、初心を。
…あのとき大変だった。でもたくさん助けてもらえて、ありがたみも知ったっけ。。
…でも、つらいと思ったことは一度もないわ、、仕事では。。
…やり甲斐かあ、充実感も、うれしいことも、いっぱいあったのよね。。
なんて、色々と駆けめぐってしまったの。 

思いがけない方向から清らかな時間が現れて、浄化されたような気持ちになれました(笑)。
この宿題は、効果テキメン♪ 聞かれる立場のほうがね。

こんなご時勢だと仕事ってものに負のイメージもつきまとうけど、
仕事から得られるものは大きいとか、初々しかった頃の気持ちとか、忘れちゃいけないよね。

「中学生に将来に向けてのアドバイスは?」という質問もありました。
好きなことなら夢中になれるし頑張れるから、好きな分野に進んでほしい。
今のうちから、得意なことを伸ばしたり、何かにのめりこんだり、
友達や周りの人とちゃんと付き合ったりするのも、色々全部が大事な人生勉強だと思う。
…というようなことを答えながら、気がついたの。
この年になった私でさえ、まったく同じよね。まだまだ人生勉強が足りないんだったわ。

まじめな顔して深~い感慨にふける私を見て、夢子が書いた「インタビューしての感想」は、
「仕事って深いな、と思いました。」という、非常に短い一行でした。 
私あんなに喋ったのにー。





長文ついでに蛇足ですが、この仕事インタビュー中、
「お客さまに親身になってさしあげ…」と私が言うと、「シンミってなあに?」という夢子。
「お客さまと現場との板ばさみになった時は大変」と語れば、「イタバサミって?」……
チミモウリョウとか言ってるわけじゃないのよ?、こんなレベルを知らんなんて。
なげかわしい。  「ナゲカワシイって?」 …ええい、もう!

ということで、私からも夢子に宿題を出しました。 
「わかんない言葉は、すぐ辞書! 簡単に人を頼るから覚えないのよ。五感を使え、五感を!」

考え込む夢子。 ゴカンってなに?と考えているのだろうと思いきや、ちがった。
「辞書を見る、触る、それはできるけど、どうやったら聞いたり食べたりできんの?」と、きた。
うう。。深く考えずに言った私がバカだったわ。
「えっとえっと、言葉の声を聴く、そして語感を味わうのよっ、ページの匂いも嗅げるでしょ!」
「すごい無理やりだね♪、でもゴカンの味って」、「ちがう、今のは五感じゃなくって語感」……

それ以降、なにかにつけて辞書を開いている夢子をみると、
いかに今まで知るチャンスを逃してきたかって思う。もったいない。今ならヤワラカ頭なのにね。

なので、ずうっとテーブルの上に辞書が置いてあって、置きっぱなしかと思うと眺めているし、
なかなか片付かないのは我慢でしょうか。。 掃除の話は、墓穴ですしね。。
※ボケツは知っている夢子。ひんぱんに私が使うからでしょうね。


そうして時々、親子で「辞書めっこ」するのです。
パッと開いたページの面白い言葉をひとつ言って、相手が吹きだしたら勝ち、という。
語句を聞いて吹きださなくても、意味を聞くと笑っちゃうようなときもあるの。
ピラメキーノでやってる辞書めっこ、我が家ルールは負けたらバツゲームなので真剣勝負よ。
夢子が可笑しがるツボは、はっきり言って「浅い」。 でも私のほうが連敗中。。  
辞書って、結構おもしろいのね♪ 知らない言葉もたくさんあって、見てると楽しい。
なんて言えるのは、学生じゃないからよ。


ちなみに、夢子が書き初め(小)に選んだ自由課題は、「文武両道」です。 わースゴイ。
是非、意味をしっかり調べてから書いてほしいわ、是非とも意味をね。

-P1290045.jpg

絵に描いたモチになりませんように♪




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。