スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009. クリスマス

2009年12月24日 23:59

MerryChristmas

みなさまも、楽しいひとときを お過ごしになったことと思います。
サンタさんは、来てくれました?


091224.jpg

ここしばらく持病が悪化して寝こみがちだったのですが、まわりの手助けのおかげで、
なんとか無事に クリスマス「らしい」ことをクリアできました♪
できないと、自分もさびしいし、夢子への申しわけなさがつのって、、ほんと困る。

091224 (2)  091224 (1)

節目って、ひとつ迎えるごとにワクワクして、ひとつ終えるたびにホッとしますよね。
それにしても、1年って早いわあ。



夢子が6歳の時の、クリスマスイブ。
そっと置いといたプレゼントを発見したら夢子はきっと大喜び、…だと思ってたのに、
開けた途端に半泣きになって、「サンタさん、まちがえてる~。夢子が頼んだのとちがう~」って。
ち、ちがう? そんな。。
「これは他の子のだから、すぐサンタさんに返してあげて」とか言われましても。。
その話が毎年蒸し返されるので、はじめのうちは照れ臭そうに「うふ」って笑ってた夢子なのに、
今年は「はいはい、すみませんねー、なにしろ子供だったもんで!」って。 なにその怖い言い方。

そして夢子10歳の冬。
「おまえ、まだサンタ信じてんの?ばっかじゃねー? 親だよ、親」と、○○くんに言われた夢子。
余計なことを!と思ったけれど、世間さまって容赦ないのね。しかたなく私は、
「○○くんちはサンタさん来なくて親が代わりをしてるのかもね。うちはサンタさん来るから♪」
ごまかして、うまく逃げ切って、無事にクリスマスも済んだと思っていたら、
毎年プレゼントに同封しているサンタからの手紙を持って夢子が、「ママの字だよね?」と。
「ピンクのボールペンとか、このシールもこのシールも、ママ持ってたよね?」と、たたみかけられ。
そこで言葉に詰まって目が泳いだ私を見て、「ああ、やっぱり親だったんだ」と悟ったそうです。
サンタぶって手紙なんか書いたり、激しくデコるんじゃなかった。 余計なことを!>自分。
その話を毎年蒸し返されると、はじめは苦笑いしてた私も、今年はさすがに「あー、はいはい!」
 
もっとロマンチックなイブの思い出とか、もう作れないのかしら。。

( はい、ここで山下達郎さんのクリスマス・イブを脳内リピートしている私 ) 




夢子も中学生になったし、今年のアドベントカードは ちょっとオトナっぽいのを探したの。
11月終わりにゲットして、その日のうちに、、全部の窓が開けられていました。。

091224 (3)

いや、あのね、、夢子に手渡したら、目を輝かせて「早く、見た~い♪」と言うし、
窓の中でどんな光景が繰り広げられてるのか、私も見たくなって見たくなって。
悪魔にのりうつられたのね、私たち
「じゃあ、1から探そ♪」、「順番ね、ひとり1こずつ♪」って、和気あいあい。
気がついたら、すっかりアドベントの意味がなくなっている始末。
最後の教会のドアを開けて見ちゃったとたん、二人に襲ってくる罪悪感。 おお、神よ。。

091224 (4)

来年は「我慢」てものを覚えないとね。 ←去年も言ってた。←根本的にアドベント不向き。




家のまわり、半径5kmくらいの地味めな地域をウロウロしている私は、
この時期といえど、きらめくイルミネーションスポットとは全く無縁の世界に居ます。
木々が葉を落としきって冬支度を始めたとか…その手の「季節感」には、コト欠かないけども。

スケジュールがいっぱいの夢子のおかげで、きらびやかな遠場にも出かけられず、
私の体調もあって、今年のクリスマスシーズンは地味…いえ、落ち着いた感じで過ぎていきます。

忘年会もパスしちゃったし、次の楽しみが待ち遠しいわ。
もう~い~くつ寝ると~、お正月~  多分、6晩くらい?  …ひゃー、もうすぐじゃん。。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。