FC2ブログ

九九救急と重陽の節句

2009年09月09日 23:59

ちょっと前に、私の「手ぬぐい額」を模様替えしておきました。今日のために。

090909  (3)


どちらも、菊の柄。
090909  (4)
私は、左が お気に入り。
手先が器用だったら、ブックカバーかランチョンマットにしちゃいたいくらいです。
(直線縫いだけどね…)


季節感をあらわしてるつもりの手ぬぐい、それを変えると夢子はすぐ気づくので、
「菊節句の気分でしょ~」って こないだ話したばっかりなのに、
「今日は、なんの日だー?」と聞いたら、もうすっかり忘れているようで、
「救急の日! 学校で言ってた~」と、期待はずれなアンサーが返ってきます。
そうよ、救急の日よ、九九の日でもあるしね。正解っ。

そして夢子の話は、九九から算数へ、「算数と数学は違うよ、絶対」なんて、
過去の私とそっくりな逃げ口上へと発展してゆくのでした。
残念だけど、それ不正解。 どっちも同じだから。私も大人になって気づいたけどね。
そんな脳みそにこそ、救急が必要だとか なんだとか。



出てこないのか、重陽は。 

本来は、今の10月の行事ゆえ、栗節句・菊節句とか言っても確かにピンとこないよね。
今はまだ、天然の栗は採れないし、菊も咲き乱れてないんだもの。
収穫を祝おうにも、今は「撒き」し始めた時期で、の実りっていう実感も無いしね。

季節感のズレ。 かといって月遅れにすると、「9重なり」が うやむやになる。
ジレンマよねー(笑)。 だから徐々に薄れていくのかしら、重陽。。
1年の最後の、締めくくりの五節句なのにね。

このあたりでは、10月以降に 菊のイベントや収穫祭が行われるのが相場だし、
家で 栗ご飯やカボチャをべる節目の日は まだまだ先なのよね。



でも、今年はするのよ>夢子。
だって、2009年 9月9日は 「9」が並んでるの。 いわば重重陽。 ←作るな?(笑)

090909  (1)

菊の花は、岩手産だそうです。
いちおう、白3・黄色3・紫3、合計9輪で 重陽にしてみた図。


そして、菊酒。  じゃなくってジンジャーエールですけどね。
浮かべた花びらは、しつこいけど 9枚よ。
090909  (2)

で、杯を上げて、「夢子が長生きしますように♪」とね。

っぽい和菓子が売られていたのは、絶妙の配慮だと思ったわ(笑)。
まだ出回らない栗と柿と、カボチャのカタチなの。おかげさまで雰囲気アップできました。



夢子の用事が全て終わったのが 夜11時過ぎ。
それから始めた お節句ですが、菊酒もどきを ぐびぐびしながら、和菓子は完
は肥えるというのに、夏の間に戻せなかった反省は、、あした します。



の気配も、濃くなりますね。
重陽




最新エントリー