スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の心、子知らず過ぎ

2009年06月24日 23:59

まったく夢子には、びっくりしちゃう。

期末試験の前前夜、
「何時まで起きてていい?」って訊いてくるので、
やっとヤル気出したんかいと思いながら、「朝がツラくない程度に」と返したら、
なんと、本を読んでいた。試験と関係ない、女子モノの読み物を。
「だって今ハマッてるんだもん」とか言っちゃって。

いつになったら「本格的に」始めるんだろう。試験勉強ってやつを。
とはいえ読書もいいけど試験後にして、勉強しないなら寝てほしい。寝てしまえー。

そして試験前夜。
「さーて♪」と言って別室に行く夢子。やっと本気だしたのね。
目でエールを送り、邪魔しないよう静かにしていた私。
やけに静か。静か過ぎる……もしや!
そうなの。なんと、さっくり布団に入って、大の字になって眠っていた。
勉強をやり散らかした跡なんて勿論なく、速攻眠ったのが、ありあり。
さーてヤルかじゃなくって、さーて寝るかだったらしい。。おやすみも言わず。

びっくりでしょ?、やだわ~ 


5月末にあった中間テストは5教科だけで、
塾では試験対策という授業が3日くらい続いたけれど、
家で、試験のための試験勉強らしきものをしていた覚えがない。ないの。
机に向かってたのは、あれは多分、宿題で。

今回の期末試験は全教科。
それなりにマジメに自分でやらないとマズイって、本人も承知してるはず。

それらしき勉強といえば、車に乗っているときに、
「魔王といえばシューベルト」という、線で結ぶ的な、音楽の試験向け発言のみ。
しかも魔王の作詞者には触れず、シューベルトのことを、
「小太りのおじさんなのに、でっかいリボンつけてる人。髪はチリチリで、メガネで…」と、
ビジュアルにしか視点が行ってませんでした。
歌曲の王に失礼よ。若い頃はイケメンだったらしいのに。←試験に出ない?

次に私が、「荒城の月といえば?」と質問したら、「それ教わってない」と、あっさり。
まー、びっくり。日本の心なのに。
人生勉強が足りないわね>夢子。

試験勉強だって、人生勉強のうちのひとつよね。
まったくスルーする姿勢は、どうかと思う。



さっすが私の娘ね。
なーんて言わない! いくら私でも「一夜漬け」は、したもんね。


すーかすーか寝息を立ててる顔を見ながら、
叩き起こす気力も萎えた私は、そのまま捨て置きました。

普段の日常で疲れが溜まってるのは分かるけど、みんな同条件なんだぞ。
結果はきっと正直よ。 因果応報、おのれに返ってくるのじゃ。
そのとき、言い訳だけはするな、夢子。それだけは言っとく!


そういえば「中1の1学期が大切」って、誰かに進言してもらった気がするけど、
2学期まで延期してもらえませんか?  …無理よね。

夜食を作る母の図は、まだ実行できてません。そんな日は来ないかも~。




そんな夢子が撮った写真。試験前日にね。。
090625s.jpg
久しぶりの、キレイな夕焼けでしたが、
ブレまくりです。ピント合ってない。 ←まるで夢子のようだわ。


え、人のこと言えるのか? 
そうね、私も褒められた少女時代を過ごしてないけれど、
写真の「ピントだけは」夢子に勝てます。カメラのおかげとはいえ。

090625s (1)



090625s (3)


切ないわ、美し過ぎる夕陽も、緊張感なさ過ぎる夢子も(笑)。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。