スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生と並走する日々

2009年06月03日 23:59

最近、娘の話ばかりですが。

平日は、12時間以上も家をあけるようになった夢子。
小学校時代は、せいぜい8時間強でしたからね、大きな変化です。

夜7時過ぎに帰宅して、入浴して食事して、たくさん宿題あって。
それだけじゃない、週に何度かは塾があり、土日も部活の練習や遠征(応援)。
大変だわ、と思っていたら、
なんと剣道部の子は、帰宅後の夜、週4回も某剣道会での稽古に強制参加らしい。
(この問題も私の中で未消化だけど、そーゆーものだと言われ…)

ピアノや書道も復活したいと思ってたのに、無理っぽい。
ううん、それ以前に、殺人的スケジュールに思えちゃう(笑)。


塾も剣道も「やる気」になって頑張っている夢子を見ると無粋なことは言えないけど、
「楽しい」「やりたい」と言われちゃうと つい見守る気になってしまうけど、
同じようなハードルを乗り切った先輩たちも確かにいるわけだけど、
私はどうしても感じてしまう違和感を、自分の中に閉じ込めています。
葛藤、というか。

勉強と剣道だけやってればいいのか?って思うの。
一方で、何かに夢中でのめりこむイチ時期があるほうがいいのか?とも思う。

答えが出ないまま、連日、夢子のスケジュールに合わせて奔走してる状態。
答えが出ないならどこかで割り切るほうが精神衛生上いいのにね。


しかし、どうしてこんなに忙しいんだろう、中学生。
そして、どうしてこんなにナマイキになっていくんだろう、思春期の子って(笑)。

自分の過去を思い出します。
「勉強と部活だけしてればいいわけじゃない!」って、親に叱られたことを。
視野が狭くなったり、人としての基本をおざなりにするなという意味なのね、
今になって分かったわ(苦笑)、そのまんま夢子に言いたいもん!

けど、あの時の私は「勉強も部活も頑張ってるのになぜ怒られるの!」と反抗した。
いっぱいいっぱいなのに認められるどころか逆に叱られる悔しさを感じたの。

さーて、どうしたらいいものか(笑)。


毎日、あったかいお風呂と美味しいご飯を用意して、何も言わずに見守って、
でも協力尽力は惜しまずに、時に励まし、時に気分転換させてあげ、
そんな「けなげな妻」のようになれればいいのかな。
そんな風になれてたら苦労してないけどね、妻としても親としても。ははは。

書いていて気付きました。
とりいそぎ必要なのは、「気分転換」だと(笑)。それ以外ない、今は。
夢子もそうだし、私もね♪
リフレッシュする「ヒマ」くらい、ほしいものです。切に。




今では珍しくなってしまった、(多分) 矢車草。
090603--.jpg
懇談会のため、中学校に歩いてく途中で見かけたの。
なぜかカメラを持ってる私(笑)。
充電バッチリしていつもバッグに入れてるの。撮る「心の余裕」が少ないけどね。最近。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。