スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

① 世界遺産・日光の社寺へ行く 【往復記】

2009年04月29日 23:59

「次は東照宮に行きたい」って、冬休みから言い続けていた、娘の夢子。
いよいよ私の寺社熱が伝染したかとホクソえんだのですが、冬山は危険(笑)。
その機会がやってきたのは、GW初日4/29のことでございます。
もう寒くないし、快晴で爽やかなドライブ日和だし、
「高速道1000円」のおかげで一般道は混んでなさそうだし、行くなら今♪
P1200908.jpg
まだ雪をかぶった山を横目に見ながら、
P1200909.jpg
自宅から80km行程をスイスイ進んで、2時間ちょっとで到着です。


夢子にとっては、初めての日光詣で(笑)。
主人も私も、「世界遺産」になってからは初めて訪れます。
世界の宝だと認められたのは、1999年12月。
二社一寺(二荒山神社、東照宮、輪王寺)及びこれらの建造物群をとりまく遺跡。
国宝9棟、重要文化財94棟の、計103棟の建造物群!

つまり「有名な見どころ」だけでも103ヶ所もある!ってことよね。
自分なりに惹かれる場面まで入れたら、いったい幾つの見どころが…(笑)。

私自身は「行き当たりばったり好き」という計画しないタイプなのですが、
二人のために事前に、見どころ一覧でも作っていこうかと思ったの。
オリエンテーリングみたいに「見つけたらチェックする用紙」をね。
でも、そうすると、見つけることが第一目的みたいになっちゃって、
自分が惹かれるところを惹かれるままに…が薄れてしまう気がして、やめたの。

でもやはり、ウチの二人には必要だったかもしれないわ。。
しゃにむに「次~」「さ、次」って、進む(終わらす)ことに懸命なんだもの。
つい足を止めてしまう私は、常に小走りで後追いです。
飽きるチームとハマる私。いつものことよ。…でもいいの。
 家族行動の時は自分の興味は抑えないと、思い出作りができないでしょ?(笑)
 一人で動く時は、会話はないけど時間も方向も自分のペース♪
今回は(なるたけ)前者で。

ちなみに、少し知ってたとしても解説程度しか家族には言わないの。
主人は「ウンチク」って冷やかすし、夢子は「ふーん」で終わっちゃうから。

自分の心で、感じるのだ、夢子。
寺社や息づく歴史は流して、木漏れ日を見上げるでも、いいのよ(涙)。さあ、心で!

ここは渡らずに駐車場に入れちゃったけど、「神橋」。
P1210185.jpg
気持ちはココからスタートよ。いざ、世界遺産へ(笑)。





そんな道中記は、どれも長文の予感なので、寺社ごとに別記事に。 
ある意味「ネタばれ」になります、
まだ訪れていない方、知りたくない方、、長文苦手な方はスルーしてね(笑)。

位置関係は、国道から北にのびる表参道の、右に輪王寺、正面に東照宮。
表参道を途中で左奥に進むと、二荒山神社、その更に奥が大猷院。

私達が参拝(見学)した順番は、
世界遺産に入ってる【輪王寺】⇒【東照宮】⇒【二荒山神社】、
そして遺産には入ってないのかしら、家光が眠るという【大猷院】。


このあたり一帯、「特に江戸時代は一大聖地」というにふさわしく、
お香の気配が漂い、樹齢何百年という高木に囲まれた異空間です。
古木の肌色と葉や苔の色、石の色と、それらの中に浮かび上がる本漆塗りの群。

それが宗教的な意味合いだろうと、個人の威信を見せつけるためであろうと(笑)、
ここまで凝った世界観を作り出す予算も余裕も技術もない現代を思うと、
「後世にまで遺る・誇れる」ことの国家的な価値を、とても感じます。
(そこまで私が徳川好きではないとしてもね…)

今つくれないものは壊さない。貴重なものは大切にする。後世に伝える。
当たり前に聞こえるけど、難しいことだから。





日光で見かけたバス。
P1210116.jpg
この花、ニッコウキスゲかな、分かりやすくて可愛らしいバスよね。

ちょっとだけ見えるのは、日光では有名な老舗、「金谷ホテル」さん。
P1210186.jpg
いつか泊まれる時が来るかしら。
わが家では「片道3時間以内なら日帰り感覚」だものね。。
今日も、まだ日があるうちに早々と帰路だし。
明日は学校&ツーリングだから、もう帰るんですってよ。
P1210188.jpg


帰り道、私の疑問を夢子に尋ねてみます。
「冬から言ってたわりに飽きてたけど、どうして東照宮に来たかったの?」
「え?、…眠り猫が見たかったから!」
「え!、それだけ?…」
「うん!それだけ! だからもう」……。

どうりで、他は熱心じゃなかったわけだ(笑)。寺社熱じゃないってわけだ。
なんか……、正直ホッとしたのもホントです♪


歩き疲れた夢子が珍しく眠ってしまい、車内が静かになったので、私はカメラ。
「わたらせ渓谷鉄道」が走ってる、渓谷。
P1210190.jpg

トンネルを抜けたら…ハレーション!?(笑)
P1210191.jpg

素朴な山景色が続きます。
P1210199.jpg

そして、水の入った田んぼ。
P1210201.jpg
もう、田植えの季節なのね~(感慨)。こんな光景も「日本遺産」よね、田んぼもね。



我が家から、日帰りで行ける唯一の、世界遺産。
「安・近・短」の「行楽」ではないのよ~、念のため。>特に夢子。






世界遺産・日光の社寺へ行く
往復記
輪王寺
東照宮
二荒山神社
大猷院
お食事・明治の館
戦利品




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。