FC2ブログ

群馬県立歴史博物館

2009年04月11日 23:59

「群馬の森」の広大な敷地の中にある、2つの大きな施設。
どちらも、施設の充実度も花丸だし、イベントにも力を入れていて面白そうなの。

こちらは、県立近代美術館
090411g2 (1)

090411g2.jpg
磯崎新氏設計で、昭和49年の完成。中にはレストランやショップもあるの。
増築や改修を経て、今でも瀟洒な雰囲気を保っています。


そのお隣は、県立歴史博物館
090411g2 (3)

090411g2 (2)
大高正人氏設計で、昭和54年の完成です。
こちらはコチラの味わいが。周りの自然と馴染むよう配慮されてるデザインだと思う。



で、どちらにも入ろうと思っていた私ですが、
例によって拒否顔をする主人がいたので、折り合って、今回は歴史博物館だけ。
(やっぱ、こういう場所へは一人で来なきゃダメだわ!笑)

券売機でチケットを買い、ショップは見終わってから寄るとして、
案内カウンターで写真撮影のルールを再確認し(笑)、いざ、展示の順路へ。
つっても私と夢子は、もう何度も訪れているわけですが。


展示が始まる直前のスペース。私は好きな場所です。
明と暗。外と内。白と黒。 ここで、ボーッと座っていたくない?
090411g2 (4)

ふと、振り返ってみると誰もいません。
さっきまで後ろに居たはずの、二人はどこにっ?

いました。。。
戻ったところの、閲覧コーナー。 
そこの歴史書じゃなくって漫画ですね、二人が読み始めてるのは。
090411g2 (5)

私は決めました。この二人をここに置いて、一人で先に進もうと。
一緒にまわっても、かたや飽きて早足、私はじっくり見たいのに急かされるもんね。
「後から行くよ、それでもどうせ、すぐその辺で引っかかってるんだろ?」、
という主人の言葉は鋭かった。ほんとに追いつかれましたね、進んでないうちに。

館内の展示物を写しても、個人で楽しむ以外は出しちゃいけないので載せませんが、
ほんっとに沢山の、興味深い資料や造作物が年代順に、これでもかと…、
おいでになれば分かるからいいですね、割愛で(笑)。


マジメに見てたと思えば、ある銅像(?)のところで、モノマネを始める少女。
090411g2 (6)
おそれ多くない?(怖) でも形は、ほぼカンペキ。。

そして、武士の時代のとこで私が時間を食っていたら、また二人が消えてました。
おおかたの予想は、ついてます。

ほら!
090411g2 (7)
いくら、この日の館内に人がまばらだと言っても、失礼よっ。
休憩所で、ほんとに寝ちゃう人なんていないよね、ふつう。
バドミントン疲れかなあ、可哀相だから寝かせてあげ……違う違う、
主人のイビキは お昼に飲み過ぎたビールのせいよ、間違いなく。

ここの休憩所はね、表からは見えないけど、中庭に面していて、
こんな風景が拝める隠れポイントだっていうのにさ(違?)。
090411g2 (9)

090411g2 (10)
深ーーい軒が、いい感じ♪ 置いてあるのは土器かしら。民具かしら。
(二人のことを考えるのを、やめようとする私)


ウソ寝だったのでスグに私に付いて来た夢子と、残りの展示を見て、
このポイントに着きました。
090411g2 (11)
ここはスタート地点。つまりゴール! …終わったよ、もう。

夢子は仕方なく、気を利かせて、来た順路を戻ってゆきました、主人を起こしにね。
私が行ったら公共の館内で騒ぎになり、出禁になるやもしれません、夢子グッジョブ。
だから入館する前に、「車に戻って寝てていい」って言ったのに。

そうそう。出口のとこで、ショップに寄らなきゃ。色々物色しなくちゃいけない私と夢子。
その頃、主人は、ひとあし先に外に出ていて、芝生のとこのベンチでまた横になり…。
ハマらな過ぎる主人と、ハマり過ぎる私。
夢子は、その中間くらいの両親が欲しいって思ってるかもね(笑)。

ここの展示は、資料も多いし、ほんとに丁寧に、よく作りこまれてるので、
私は何度来ても楽しいですけど、ま、個人差ですか?
最近は私、ここの聴講まで興味が出ちゃって…、ええ、一人で行きますよ勿論!




最新エントリー