スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のウェディングロード

2009年04月04日 23:59

春めいてきた4月。 週末は、全国的に結婚式が多いみたいですね。
設計のKくんも、愛する彼女とゴールイン( いえ、スタートですから 笑)。

専属カメラマンがいましたので、
私は、心おきなく自分流に、「二人の顔のない」イメージフォトを写します。
輸入風の、瀟洒な式場が舞台で、どこをとっても夢いっぱいのしつらえで、
おかげで私までお姫さま気分です。気分だけ。


厳かな挙式。天井の高い、瀟洒なチャペル。
P1160604.jpg


P1160607-.jpg


腕を組むのも初々しい新郎新婦。
P1160606-.jpg


そして、二人で鳴らす愛の鐘。 がらんごろんと近隣じゅうに響き渡ります。
こういうときは照れたらダメね、演じきれっ、Kくん!


挙式の後は、敷地内の別会場へ。
P1160861.jpg

入ったとこのホールは、バーカウンターがあり、気軽に立ち飲みして談笑できるの。
その奥の披露宴開場は、面白い事に、劇団の舞台みたいなセットなの。
照明も暗く落とされて、私には うれしい配慮(笑)。
P1160796.jpg

テーブルセッティングも、お料理も、とっても素敵でした。
P1160672.jpg


P1160711.jpg


P1160742.jpg


ノンアルコールドリンクも、可愛いいでしょ。
P1160668.jpg


ひとつひとつが素敵で、でも決して格式ばってなくて、涙あり笑いありで。
P1160678.jpg


P1160761.jpg
新婦も、恥じらいのなかに嬉しさがにじみ出てて、可愛かった♪


最近のブライダルも進化してるんだなーって、しみじみ感じました。
建物や調度品、テーブルもそうですが、進行まで違うのね。
主賓たちの挨拶の間、飲み食いも出来ず長い時間待たされる図式ではなく、
着席したら飲んだり食べたりしてよくて、和やかなところで新郎新婦の入場という。
サービスする人達の衣装や態度まで、トータルでレベルが高かったの。




余談ですが、新郎新婦の好みが なんとなく分かっている場合、
好きそうな水引きや飾りの、ご祝儀袋を選ぶのに楽しみを見つける私。
今回、選んだのは、これ。洋風どっぷりで可愛らしい系。
P1160584.jpg
つまんないことですけど、山に埋もれてしまう袋なわけですけどね(笑)。


いい結婚式を見ると、「あー私も結婚したい!」って強く強く思いますよね?
…あげたいな、私も。ドレスだけ着たいの、だけでいいからー。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。