FC2ブログ

父の暴走と母の習作

2010年08月14日 23:59

私がものごころついた頃には、すでに父親は道楽者でした(笑)。
多趣味きわまりなく、なかでも自動車とカメラに関する経費は、
母いわく「家が2軒建ったね」というくらい。 ←あくまで田舎価格。

休日になると愛車に機材を積み込んでひとりイソイソ出かけてゆく父、
家庭菜園や庭の花々に囲まれていれば幸せという母。 
対照的な二人ですが、旅好きで一致しているので遠出のときは二人で出かけます。


ここ数年、手術と入院が必要な病気でかわりばんこに伏せっていたのですが、
それも落ち着き、老夫婦は以前にも増して精力的にお出かけ三昧です。

父にとっては、旅の全ては撮影旅行なので、母が退屈しないようにと、
1年ほど前にコンパクトデジカメを買ってあげたようです。
まず父が構図などを確認するためにコンデジで撮って母に渡し、
そして母が自分なりに撮影し、そのあいだ父はフィルムカメラに専念。

カメラなんて売るほどあるのに、家族に触っちゃいけないとか言うから、
母も私もカメラを遠く感じる人生で、デビューが遅くなったのです。



お盆に実家に帰った時に母のコンデジを覗いたら、とてつもない量のデータが。
「撮るのは慣れたけど、PCにとりこんだり印刷したりができない」と言います。。
じゃあ私がやってあげる、と請け負ったものの、繋ぐための専用ケーブルがない。
実家のは古いPCなのでSDカードを直接読み込めない。
仕方なくカードだけ持ち帰り、プリントして後で届けることにしました。

まったくの初心者の母と、それなりに長年アマチュアの父の画像が交互に出てくるのを、
なんともいえない気分で眺めながらの、取り込み作業です。
地味に頑張ったので、いくつか公表しちゃえ、と思いまして。


*  *  *


これは、南牧村の『火とぼし』。私もいつか撮ってみたい行事です。
1枚目が父・撮影。 次のが母。
parent (1)  parent.jpg
母のは、何かが違うんでしょうね、なにかが(笑)。
[父の暴走と母の習作]の続きを読む
スポンサーサイト



う、う、ウィルバスかノートンか

2010年08月19日 18:41

PCのセキュリティ。
面倒だけれども、リスクを考えたら必須ですよね。ウィルス恐いし。

あるPC機にセキュリティプログラムを入れようと、ネット上から手続きしたの。

が、インストールできない!
何度トライしても途中で「サポートセンターにお問い合わせを」って表示されてしまう。
サポセンは17時までと記されていたのでその夜はあきらめ、翌日電話をかけた。


[う、う、ウィルバスかノートンか]の続きを読む

お詫び申し上げ候

2010年08月20日 23:59

女友達数人と呑みながら、ふざけて前世談義になったことがある。
「私はマリー・アントワネットで」という輩はさすがにいなかったが、
○○だったような気がする、いや○○なはずがない!など激論になった。
2人だけ、全員一致で前世が決まった(笑)者がいる。

ひとりはA子。どこかの殿様の側室。正室ではなく絶対側室。
妖艶な本人も納得していた。
もうひとりは私。どこかの武士。
武将でも武士の妻でもなく、浪人っぽい武士なのだそうだ。
屋敷を取り上げられて長屋に住んだのはいいとして、
内職に励んだとすれば、唐傘より扇子づくりがいいとか、
貧窮しても刀だけは売らなかったと認めてほしいとか、希望も了承された。
この場合、前世を信ずるか否かは問題ではなく、皆が酔っ払いだったことが問題。


[お詫び申し上げ候]の続きを読む


最新エントリー