FC2ブログ

予告どおりの初雪

2010年02月02日 22:22

2月初日の天気予報。 「関東地方でも雪が積もるでしょう」

私もですが、普段、雪に慣れてないとこの皆さま、大丈夫だったでしょうか。


夕方、雨に濡れて帰宅した夢子は、鼻水じゅるじゅる+かすれ声。
どうしよ~。 ←言ってるだけ。こんなの慣れた。
雪も風邪も、不可抗力(笑)。
とりいそぎ夕食は、体があったまるものを、はふはふっと♪

冷たくて重い、みぞれ混じりの雨は、やがて音を立てなくなり、
白いフワフワがひらひらと舞い始め、あたり一面しんと静かになってきます。

090201snow (1)

雪って不思議。 
町の雑音を吸い込んで、白さと静けさが共鳴してるみたいな一体感があって。



明けて、朝。
テレビで映るのは都会の雪景色ばかりだけど、プチ田舎は、こんなです(笑)。

090202snow (1)

近所の畑。 埋まってるのは白菜の玉。


朝日に水滴が反射して、電線がイルミネーションみたいにキラキラしてました。

090202snow (2)


ぜんっぜん想像してない場面で、
「寒いねえ、(空を見上げて) あれ…、雪? 雪だよ、雪っ♪きゃー♪」なんて、
最近はなかなか経験できません、予報が当たるので。
当たるからこそ心の準備ができるので、ほんとは感謝なんですが。


で、平成22年2月2日22時22分22秒の更新を目指してみました。
明日は、節分ですね♪


スポンサーサイト



2010. 豆まき節分

2010年02月03日 23:59

去年のプレッシャーが嘘のような、なんの用事もない気軽な節分♪

100203(1).jpg


夢子の帰りと夜を待ちわびて、さ、まくわよー♪


福は~うち~、福は~うち♪

100203(3).jpg

夢子が折った鬼が可愛かったので、鬼はソト封印です(笑)。
ていうか、鬼は居ていいの。我が家の場合。


ちょっと太くなりすぎちゃって、べるのに すっごく時間かかった恵方巻き。。

100203(4).jpg

もぐもぐもぐ…。  目で、「これ、終わらないよー」って訴える夢子。
そうね、酢飯も具も入れすぎたの、、
その分、お願いゴトをいっぱいしようよ。  あ、しゃべっちゃった。。


後には豆をべ、さらにデザート → 「恵方コロン」。 べ応えたっぷり。。

100203(5).jpg

正直、満腹を超えちゃいました。 豆もたくさんべなきゃいけない年頃だし!


明日は立春♪  なんとなく浮き立ちますね。


寄り添って立春

2010年02月04日 23:59

まだまだ冷えますが、どこかでひそかに、春は始まっています。

我が家の薄紅色の乙女椿は、今年は花をつけてくれないけれど、
あたりを見渡せば、近所の屋根の上で、春風を感じているスズメ発見(笑)。

100204.jpg

寒そうに、ふくらんでました。 もうすぐ、あたたかくなるよ。


女子のキモチ送り愛

2010年02月13日 23:59

夢子は、バレンタインデーに向けて作業開始です。

ヒマなんて無いってのに、「ゼッタイ手作り!」とか言う。

私はアシスタント。 道具を渡したり、いびつな物体を地味にコロコロ丸め直したり。
月見だんごより多い数の、トリュフ。
100214(2).jpg


トリュフより簡単なのですが、生チョコは本命A君のため
100214(4).jpg
このままで良いと思うのに、これを更にハート型に抜くそうです。 ふうん。
部屋じゅうに漂う、しあわせな甘~い匂い。


男子には、本命の1個だけ(笑)。
それ以外の、こんなにたくさんの包みは、すべて女の子へ。
100214(6).jpg
お友達とか先輩とか、中学生になると、お付き合いも増える。

そもそもバレンタインデーは……、って事は流されて、
まるで御歳暮のように「キモチを配る日」なのね、夢子たちにとっては。

バレンタインイブに、行きかうフレンドシップ。
夢子がもらった、それぞれ可愛らしい手作りスイーツ。 みんな、えらいわー♪
100214(7).jpg
カメラを向ける前に、幾つか夢子にべられちゃった。


ちなみに夢子の担任は、「学校にお菓子を持ってこないように」キツク注意したらしい。
「大事な事だから3回言いましたよ?、3回も言いましたからね」って(笑)。
相変わらず、楽しい言い回しをする先生だわ。





大切な誰かに、キモチを込めて。  「いつも、ありがとう

100214(1).jpg


またまた降りしきる雪

2010年02月13日 23:59

また、雪。

100213(1).jpg

けっこう激しい、降りっぷり。
夢子の送迎で恐る恐る運転のさなか、しばし停まって見とれるほどでした。

100213(2).jpg


電話をかけてきた実家の母が、かぜ声の私に、こう言うの。
「やだそれ、インフレ?」……

えっと…、インフルではないんだけど、今はデフレじゃないかな。。。




明日は、旧暦の「お正月」。 と春の、境目ですね。


さよならメロンパン

2010年02月18日 23:59

ここ半年ほど、メロンパンに支配されてる夢子。

までのつなぎ、もしくは おやつ代わりに、何かとメロンパン。
一緒に買い物に行くと、知らずにカゴに入っているメロンパン。
カリカリのが好きらしく、しっとりタイプだと買わないメロンパン。


同じものをべ続けるのって、私は好きじゃない。
それに、そんなに熱烈だと、冷めるのもアッという間で切ないわよ。
だいいちメロンパンには、メロン入ってないじゃない。
という忠告は、無視され続けてきたの。


が、別れは突然。

好きなパン屋さんの焼きたてメロンパンを買っていってあげて、
いつもなら、ばくばくカブりつくのに、ぼそぼそべてて進まない。

私は、満面の笑みで訊いてあげました。
「どうしたの♪」


「…おいしいと感じない。。飽きたかも。。」


おーほっほ。 そうでしょうよ。
だから言ったのに。だから。  だからって、今度は「甘」に走るのは、やめてっ。

でも幸い、甘というパンはマイナー扱いなようで、あまり見かけない。
このまま中毒にならずに過ぎますように。



ねーねーそれより、あんこべようよ、あんこシリーズは飽きないわよー♪

あ…、もしかして、カエルの子はカエル、あんこの子は菓子パン?  やだ、そんなの。。



試験前で早帰りの夢子。 おやつは、中身あんこの和菓子です(笑)。

100218(2).jpg

こんなに美味しそうなのに、独特な香りが苦手な夢子は、桜餅をパスします。
「食べ物に好き嫌いがない子」が売りだったのに、最近どうも好き嫌う。

でも私は、もらわないで我慢しました。

だってこれから、だんだん薄着になるでしょ? 厚着でごまかせなくなるでしょ?、肉が。。
痩せるために、これでもずっと頑張っているのです、毎日少しずつ。
桜が咲く頃には、ちょっとスッキリした体形になって新しい洋服を買うんだもん。

甘いおやつが食べたい日に、昼食を控えるくらい、どうってことない! 平気!
ええ、無理してますが。  「痩せ我慢」とは、よく言ったもんだわ(涙)。 

さよなら甘味、は無理なので。


やっとやっと春の空

2010年02月18日 23:59

暖冬、温暖化なんて言われるけれど、年が明けてからは すっごく寒い!
2月は珍しく雪も数回降ったし、あたたかな日差しもしばらくご無沙汰で、毎日灰色の

1002snow(4).jpg




ですが、今日の午後、
暗くて厚い雲が途切れて、久しぶりに太陽が顔を出します。

100218(1).jpg

あ、切り替わってる。 になってる♪


そしたら夢子も、「の匂いがするよー♪」って帰宅しました。
土や草や風の匂いで季節認定できる嗅覚(笑)、私も以前はもっと鋭かったのに。

暦のから2週間。 ほんとのが立ちました。群馬では(笑)。



試験が終わったら2月が終わって、そしたら、夢子が慕っていた3年生の卒業式です。
また、やってくるのね。 旅立ちと節目の季節が。


小なべでコトコト小コトコト

2010年02月23日 23:59

ママ友が言ってた言葉で、昔の自分を思い出しました。
小むずかしくって、小なまいきな、小娘。

かわいいはずの「小」の字なのに、付けると、あまり良い意味にならないのね。。
付けてイメージダウンしないのは、小粋くらいか。

母親にとって思春期の娘は、時々扱いにくい。
態度が突然変わったり、その理由が不明だったり、うるさく饒舌だったり無口になったり。
家族を大好きな反面、うとましく邪険にしたり、八つ当たりする。
根本に「甘え」があると思わずにいられないけれど(笑)、
中1くらいだと、それが顕著な子と、まだまだ子どもっぽい子と、いろいろ。



私も、時々うちの夢子にイラッときます。
少しは強化されてるはずの我慢袋の、緒がブチ切れることもしばしば。

「そんなに後でぐだぐだ言うなら、その場で解決してくればいいじゃない」、
「自分で考えたり自分で対応したり、できるでしょっ」、
「ねー、いつになったら始めるの?」、「あーもう、#μ○*÷△Ψっ!!」 ……

毎度毎度、似たようなセリフをぶつけている気がします。
その「繰り返し感」って、またイライラを増幅させません?


で、ひともんちゃく終わって冷静さを取り戻すと、また「いつも」思うのです。
自分に比べたら、夢子はぜんぜんマシなのに…、って。

でも最近、気付きました。 比較対象(私)が極端すぎるのね。私は私。夢子は夢子。
やっぱり、怒るときは怒り、叱るときは叱らないと、いかん。…よね?
よそ様が本気でぶつかってくれる機会は少ないのだし、ここは家族が。主に私が。


こうやって私は色々考えて、そこに恩を着せないよう頑張っていても(笑)、
夢子は、相変わらず呑気すぎたり、でも少しだけ頼もしくなったり、です。


先日の昼間は、私が怒って、勢いで家事放棄してフテ寝しちゃったあとに、
夢子は、器洗いを終わらせて、ご飯を炊き、卵焼きを作っていました。
良い子自慢じゃないですよ?(笑)、そういう「母親の鎮め方」を覚えたというか。
半ベソで作ってたわけじゃなくて、鼻歌まじりだったし。←つまり気にしてない。

「作ってくれたの?」、「うん…」、「ありがと」、なんて会話をしながら、
「うん」の時だけは殊勝な雰囲気を出してるなと感じたり、
もしかして八つ当たりしてたのは自分だったのかな…なんて心が痛んだり、
いやいや例の件に関して私が怒ったのは当然だ!と思ったり、、胸中複雑なのです。


ブレない、って素晴らしい意味合いで使われるけれども、
私は何かとブレたり揺れたり、何につけても試行錯誤。
自分自身が、小むずかしい年頃を脱却できるのは、いつなんでしょう。
脱却できないまま偏屈ばーさんになるのもオツかしら♪


でも今は、私と夢子、二人きりで過ごす時間が長いので、いつまでも険悪だと困る。
そんな時の救いは、ごはんの時間。
べるときは怒らない。いったん休戦なので。


P1290690-.jpg

「ウインナーないじゃん」、「だからソーセージ切ってるってばー」、
「ちょ…、フランスパン1本べきるってありえなーーい」 ……
たとえばフォンデュだと、ケンカしてても会話が増えるしね(苦笑)。
冬が終わっても、お鍋っぽい料理は時々しようかな。。


春に呼ばれて穴を出る

2010年02月25日 23:59

今日もあたたかくて、とっても気持ちよいので体がよく動きます(笑)。
啓蟄は、もすこし先ですが、カメラを下げてブラリひとり旅♪、的な寄り道。


ほらね、穴がありました。。
腕がすっぽり入ってくサイズ。 なにものが出てきたんでしょう。こわっ。
100225  (1)
怖いものにはフタをしたい。 ちょっと土をかけておきたくなる。
万物すべてを保護したい気持ちは、私には、、ない。。


さて。
ほのかに漂うの香りに導かれて、そぞろ歩き。 いい気分♪ 
100225  (2)



100225  (5)



100225  (4)


松水梅。 竹は、なかった。。
100225  (6)


ウチの白梅は散ってしまったけど、ここのは蕾もあって、まだ楽しめそう。
100225  (7)


派手さで惹きつける濃いピンクの梅は、もう盛りを過ぎて、散り際の妖艶さ。
100225  (8)


魅惑的。 魁(おいらん)を想像してしまう。江戸一番のね。
100225  (13)



100225  (9)


匂いたつような、あでやかさ。 実際、香りも強かった。
100225  (14)



100225  (17)


今日の天気では、この薄い色の紅梅がイチバン綺麗に見えました。
100225  (12)


とっても柔らかそうで。
100225  (11)


清楚な嫁の、丸いブーケみたい♪
100225  (10)



100225  (15)



ほんとの虫たちも、せっせと仕事中。
100225  (18)


せっせ、せっせと。
100225  (19)


あー忙しい。かくれて休んじゃお。 ←自分を投影してしまう。。
100225  (20)



片隅では、まだロウバイが咲いてます。長持ちするのねー。
100225  (21)


わけわかんない火みたいなも。 なんて名前なのかな。
100225  (22)
縁日や駄菓子屋で売っている、ぴゅーって吹く笛のようにも見えます、くるんとカールしてて。


こんなも、居る。 何がどうなったら、こんなにひん曲がってしまうのかしら♪
100225  (27)


非常に上りやすそうで、そそりますが。
100225  (26)


まっすぐなタイプは、水面(みなも)に映える。
100225  (28)



こちらの場所には、まだ新しい(たぶん)獅子が2体いるのですが、
100225  (29)  100225  (30)
どちらも阿阿。  ねえ、いいの? 阿吽(あうん)じゃなくて、いいの??




ついつい、歩き回れてしまった。
夢子が忘れ物してくれたおかげです。学校へ道着を届けるついで、でしたから。

100225  (16)

お天気に誘われた人たちが、たくさんいました。 みんな、冬ごもりを終えたいのかな。
関東地方も、「一番」が吹いたみたいですしね♪




最新エントリー