FC2ブログ

秋への虹色かけ橋

2009年09月07日 23:59

雲もまばらな、青い空がまぶしい日曜日。
車の窓を開けて心地よい風を受けながら、先を急ぐ私。

ふと、前方に妙なものを発見。
道路わきの家から、ホースの水が道路に向けて放水されてるの。

かなり勢いよく噴出された水流は、道路から空へと放物線を描きます。
遊んでたのは、小学生と幼児の男の子2人。兄弟かな。

その地点を通るとき聞こえたのは、
「にいちゃんっ! にじっ♪」  「おうっ♪」という、はしゃいだ声(笑)。


一瞬のことで 虹は見落としたけれど、
頭からTシャツから、ずぶ濡れになって笑っている兄ちゃんと、
青いホースを しっかり握りながら得意顔をしていた弟の姿がチラっと見えました。

2人とも、日に焼けて真っ黒で。


顔が ゆるんじゃった♪
休みは終わっているけれど、きっと、も楽しかったんだろうな、この2人(笑)。
きっと、秋も、なんだかんだ遊びにして楽しんじゃうんだろうな。

男の子って、いいなあ(笑)。


今季一度も、私的にプールで泳げなくて切ながっていた娘がウチにいます。
そういえば夢子は、庭の水撒きすらできないだった。

使い古されたフレーズですが、忙しい、は心を亡くすと書くのよね。
少しは、遊んでほしいなあ。。  秋もまた、足早に過ぎていきますしね。


スポンサーサイト



九九救急と重陽の節句

2009年09月09日 23:59

ちょっと前に、私の「手ぬぐい額」を模様替えしておきました。今日のために。

090909  (3)


どちらも、菊の柄。
090909  (4)
私は、左が お気に入り。
手先が器用だったら、ブックカバーかランチョンマットにしちゃいたいくらいです。
(直線縫いだけどね…)


季節感をあらわしてるつもりの手ぬぐい、それを変えると夢子はすぐ気づくので、
「菊節句の気分でしょ~」って こないだ話したばっかりなのに、
「今日は、なんの日だー?」と聞いたら、もうすっかり忘れているようで、
「救急の日! 学校で言ってた~」と、期待はずれなアンサーが返ってきます。
そうよ、救急の日よ、九九の日でもあるしね。正解っ。

そして夢子の話は、九九から算数へ、「算数と数学は違うよ、絶対」なんて、
過去の私とそっくりな逃げ口上へと発展してゆくのでした。
残念だけど、それ不正解。 どっちも同じだから。私も大人になって気づいたけどね。
そんな脳みそにこそ、救急が必要だとか なんだとか。



出てこないのか、重陽は。 

本来は、今の10月の行事ゆえ、栗節句・菊節句とか言っても確かにピンとこないよね。
今はまだ、天然の栗は採れないし、菊も咲き乱れてないんだもの。
収穫を祝おうにも、今は「撒き」し始めた時期で、の実りっていう実感も無いしね。

季節感のズレ。 かといって月遅れにすると、「9重なり」が うやむやになる。
ジレンマよねー(笑)。 だから徐々に薄れていくのかしら、重陽。。
1年の最後の、締めくくりの五節句なのにね。

このあたりでは、10月以降に 菊のイベントや収穫祭が行われるのが相場だし、
家で 栗ご飯やカボチャをべる節目の日は まだまだ先なのよね。



でも、今年はするのよ>夢子。
だって、2009年 9月9日は 「9」が並んでるの。 いわば重重陽。 ←作るな?(笑)

090909  (1)

菊の花は、岩手産だそうです。
いちおう、白3・黄色3・紫3、合計9輪で 重陽にしてみた図。


そして、菊酒。  じゃなくってジンジャーエールですけどね。
浮かべた花びらは、しつこいけど 9枚よ。
090909  (2)

で、杯を上げて、「夢子が長生きしますように♪」とね。

っぽい和菓子が売られていたのは、絶妙の配慮だと思ったわ(笑)。
まだ出回らない栗と柿と、カボチャのカタチなの。おかげさまで雰囲気アップできました。



夢子の用事が全て終わったのが 夜11時過ぎ。
それから始めた お節句ですが、菊酒もどきを ぐびぐびしながら、和菓子は完
は肥えるというのに、夏の間に戻せなかった反省は、、あした します。



の気配も、濃くなりますね。
重陽


ホームベーカリーな日々

2009年09月17日 23:59

口に出してみると、願いは叶う。
以前から「欲しい欲しい」と言っていたホームベーカリー(自動パン焼き器)。
いただいたので、使い始めてみました。

そしたら、ハマるハマる♪

bread  (11)

3時間半かかりますが、焼きたては特に美味しいの♪
毎日のように、焼いてます。。



といっても、材料を用意して、入れて、スイッチ押すだけ(笑)。
これから作るのは、くるみパン。

ちゃんと寝かす時間をおいてから、おもむろに混ぜ始めてくれます。
bread  (1)

素人には難しいコネです。高速回転に見えるけど、きっと絶妙なスピードなのでしょう。
この時、お知らせしてくれるタイミングで具材を投入。
bread  (3)  bread  (2)  

こねあがりました。お上手♪
bread  (4)

発酵に入ります。 ここ、大事よね。
bread  (5)

ぷっくり ふくらんできました。
bread  (6)

さ、焼きに入ります。
うっすら色づくと、パンのいい匂いが広がってきて、しあわせな気分に。
bread  (7)


できあがり♪
bread  (12)

bread  (13)

砕いた くるみが、いい感じに散っててくれました。
そのままべたり、メープルシロップをかけたりして、美味しくいただきました。



こちらは、ぶどうパンとココアパン。
bread  (14)



これはチョコチップを練りこんだパン。 砂糖を減らしたけど、ほんのり甘くて おやつ向き。
夢子は、これが一番お気に入り。 私にはカロリー高いけど。。
bread  (15)



ごまパンは、香りは強いのに味はあっさり。ホワイトソースが合いました。
bread  (16)



オレンジピール入りのパンは、オレンジマーマレードをたっぷり添えて。
bread  (17)

bread  (18)
たっぷり過ぎ?




bread  (19)
目に付くたびに、混ぜ込む材料をストックし始めている私。
まだまだ入れてみたいものがあるのよね(笑)。
フルーツグラノーラとか、これからは カボチャやサツマイモも美味しい季節だし♪

ご飯党の私なのに、しかもダイエットしなきゃいけないのに、パンにハマるなんて。

パンというと、メロンパンと甘しかべたがらない夢子も、
ばくばくべてくれるの。 少し冷ましたくらいの、ふかふかをべるのが良いの。




お惣菜とか、計量せずに目分量でテキトーに味付けをしてしまう私ですが、
洋菓子やパンに限っては キチンと計らないとダメなのよね。
こねるための大事なパーツ(はね)を付け忘れたり、私らしい失敗も重ねました。
何度か試作していくうちに、だんだん慣れてきた気がします。
自動なんだから、普通は失敗もしないでしょうし、試作も必要ないのかしら。。。
夢子でさえ、すぐ覚えて焼けるようになったものね。。


基本のノーマルパンは嫌いな人はいないみたいで、プレゼントすると喜んでもらえます。
さらっと可愛くラッピングすると、けっこう見栄えもアップするし(笑)。
「自分で焼いたの?」と、みんなビックリしてくれますが、焼いたのは私じゃない…。



かわいそうに、私の周囲は、しばらくパンに付き合わされているの。
当分、続くかも♪

bread  (10)


新米に感謝を込めて

2009年09月23日 23:59

小麦→パンにハマっている私に カツを入れるかのように、やってきました新米の季節。
そうよそうよ、日本人はコメだわよ(笑)。


今年も、私の両親は わざわざ某県まで車を飛ばしたようです。新米を取りに。
ひと袋だけ、私も もらえるの。 
どどんっと 30kg袋♪ 精米してない採れたての新米♪

090930.jpg

ずっしりした重み。 ありがたいわあ。収穫に感謝です。秋って、好き(笑)。

 
去年はね、30kgぜ~んぶ、一気に精米してくれた人がいて、ケンカになりました。
普段から家事に協力しない主人ですが、珍しく気をきかせたのね(ある事の お詫びに)。
私の留守に、目をつけたのが、届いたばかりのコメ袋。
夢子に教わりながら、初めて精米所に行き、ひと袋すべてを白米化。

30kgぜんぶよ? 味が落ちて劣化が早いのに。

せっかくの新米。 どんなに私がガッカリしたか。
それに、玄米とか五分づきとか、色々楽しもうと思ってた計画もパーよ。

例えば お風呂掃除するより精米所に行くほうが楽だと思ったという、それも、いかん。
精米に限らず、主婦がやっていることを如何に見ていないか、それにもガッカリ。

せっかくやってあげたのに怒られる人も可哀相?
でもでも、私の失望は、すっっごく大きかったのよ。
この気持ちは、家事をしない人・欲ない人には理解してもらえないかもです(笑)。



さても新米♪
オーブン最新型も欲しいけど、それよりも「家庭用精米機」が欲しくなっています。
これがあると、精米所に行かなくても済むのよね♪ 30kgも一度に処理できないし!
どうしよ、、また口に出して「欲しい」と願ってみようかしら。  …甘いか(笑)。
大丈夫。今度は「自力」で購入します。 ←なにが大丈夫だよ。。




最新エントリー