FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうソレにしか見えない

2009年05月04日 23:59

とある お店に、家族で行ったの。
まったく用がなくても、いっつも携帯売り場に引き寄せられる主人。
ついていく私と夢子。
こういう時、「ハマらないチーム」は大変だなあって感じるわ(笑)、余談だけど。

夢子が、「いいもの見つけたよ~♪」と私を引っぱります。
な、なによ、携帯なんか新しくしな…、
「ちがうよー、写真とればいいのにって思っただけ」
写真? なにっ? ←手のひら返し。


これなの、これ♪
200905041925000.jpg

ねーねー、何に見えます?


[もうソレにしか見えない]の続きを読む
スポンサーサイト

09.端午の節句

2009年05月05日 23:59

武者人形。 かしわ餅。 ちまき食べ食べ身長測定。そして菖蒲湯。
うーん、端午♪ 

…すみません、今回は「らしい」こと、満喫してないの。
かしわ餅もチマキも「好きじゃない、もう今年からいらない」って拒否された。。
どちらも「匂い」が苦手らしいの、うちの家族。

武者人形や鯉のぼりは、うちには無いし。
倉庫には主人のがあるらしいけど、箱を開けるのさえ怖いっての!


いいや、、普通に「こどもの日」で。。

と思っていたけど、やっぱり鯉のぼりを見かけるとテンションあがりますね♪
最近は、ほんと少なくなっちゃった光景ですが。

早いトコでは4月の頭から、緑風に はためいてました。

090505 (1)


見かけると、いいもの見せてもらった御礼に、心の中で祈るの。
「男の子がいるのね、健やかに育ってねー」って(笑)。

パタパタパタッ、カラカラッていう、あの音、すっごく好きです。
090505 (5)




我が家の、とある壁に書かれた幾つもの横線。
この家に越してきた日から折々に、夢子の身長を刻んできたの。
またもや夢子は記録更新で、それが我が家にとっての端午の節目なのかもです。

でも来年は、わたし用に武者人形(or武士フィギュア)買おうかな。けっこう本気。


09.樹木の葉ひかる立夏

2009年05月05日 23:59

ゴールデンウィークは、半そでTシャツ。 そんなイメージがあります。
「暖か~い」じゃなくって、「暑いっ」よね。

「汗って、こうやって、かくんだっけ~」って思い出す時期でもある。
やがて梅雨が来て、また肌寒くなるとしても、この一時期は初夏のよう。


空も川面も、あちこちの葉っぱも、きらきら光って反射がキレイです。
どこを見ても、みずみずしく感じる。 あやかりたいわ。。
090505立夏

3月には縮こまっていた樹々の新葉、4月に柔らかく開いたと思ったら、
もういつのまにか硬く厚く、そして葉脈もくっきり、一人前に成長しています。
花を咲かせたり実を結んだりするための工場が完工したせいか、立派な姿。


立春で目を覚まし歩き出して、立夏で走り出し、立秋でまた歩みを緩め、立冬で眠る。
そんな大自然のサイクルのなかの、ほんの小さな生き物が人間なのよね(笑)。
大変なことに人間は、いつも走ってなきゃいけないらしいけど。。

紫外線も、5月が一番強いんでしたっけ。警報レベルよね。気をつけなくちゃー。
夢子は、
「アイスが食べたくなる季節だねー♪」と言ってました。←わりと年中たべてると思うぞ。


鍛えてもらえる幸せ

2009年05月08日 23:59

夢子、中学での部活を決めました。

お友達と一緒にいたがる子ですが、
「部活は部活。部活は個人競技がイイ」と最初から割り切ってました。
なので主人イチ押しのソフトボール部も、仲間が多いバレー部も、きっぱりスルー。

ならば、多少経験のある競技→水泳部や陸上部かと思いきや、
「レーンでの競い合い」は、もう遠慮したい様子(笑)。
もともと性格的に向いてない、って自覚しちゃったようで。


それでも運動部なのだろうとは思っていたけれど、では、なに?


[鍛えてもらえる幸せ]の続きを読む

8人の頭上にヒコーキ雲

2009年05月09日 23:59

今日は、こんな空の下にいました。


090509s.jpg

きれいな青空に、くっきり真っ白な飛行機雲。



090509s (1)



電線が絡むと、愛のキューピッドの弓矢みたい♪
090509s (2)



お仕事で…、なんですけどね(笑)。
090509s (3)


5月の薫風が、頬に髪に、心地よく吹き抜けていきました。
この雲みたいに真っすぐ進めますように、いい方向へと。


09.皐月の満月

2009年05月09日 23:59

満月だけが好きなわけぢゃないの(笑)、月が好きなんです。
でも月をキレイに撮るのは難しいわ、未熟な私には。。


そうね、「和禅」な満月。
090509m.jpg


「クールモダン」なフルムーン。
090509m (1)


言葉で誤魔化してもダメよね(笑)、
ええ、今回も、クレーターが写りこむようなのは撮れなかったのよ。。



特に雨模様でもない晴天の夜空だったのに、どうしてか、この夜、
何度もずっと口ずさんでしまった童謡。

 雨降りお月さん 雲のかげ
 お嫁にゆくときゃ 誰とゆく
 ひとりでカラカサさしてゆく
 カラカサないときゃ 誰とゆく
 シャラ シャラ シャン シャン
 鈴つけた お馬にゆられて 濡れてゆく

野口雨情さんの詩、「雨降りお月さん」ですね。覚えていたわ、1番だけ。
大正時代に発表されたという詩、叙情物語なのよね。
そこはかとない感情、場面の湿度、切なさがいいわあ。

こないだ夢子の音楽の教科書を見たのですが、なんだろう、薄い曲が多くてね。
そんなこと、どうでもいいかしら(笑)。


いらっしゃっせーい

2009年05月10日 23:59

うちの近くにあるガソリンスタンドは、完全セルフです。
洗車も、自分で。

P12.jpg

台風みたいな暴風雨のなか、車中でされるがままになってるのもオツな気分。
夢子もテンションあがります。「わー、きたー、やられるー」とか言って。


余裕がない時に限ってガソリンがなくなるので(笑)、
近くのここを利用してダッシュ…ってことが多いのですが、
道路に向けた大きな電光掲示板にあらわされた価格表示に、
ものすごく敏感に反応するのも夢子です。
「あ!また1円あがってる!少しずつ上げてくるよねー(ー_ー)」、とか。
オバハンか(ー_ー)、、って思います。


私なんて、ガソリン=危険物みたいに育ってきたのに、
夢子世代はぜんぜん平気なんですね。
ガソリン入れるときも、その他の作業(パネルで指示とかタオルで窓拭き)は、
何も言わなくても夢子が嬉々としてやってくれるし、
注入だけは危ない気がしてやらせないけど傍に来て匂いかいでるし。

余裕があるときは、ちょっと離れた有人のガソリンスタンドに行きたいんです私。
「いらっしゃっせーい! あーいあーい、あいストップううう」
気持ちいい挨拶してくれるし仕事してくれるし、だいいち値段かわらないんだもん。
でも夢子は手持ち無沙汰なようです、そこに行くと。


ちなみに、最初は手洗いオンリーと決めていた私の愛車。
今はガンガン洗車機です。。
だってそのほうが、こまめにキレイに保てる。手洗い、高いんだもん。←自分でやれ。


09.Mother's Day

2009年05月10日 23:59

アメリカ発祥の、根付いたイベント、母の日。
主人の実家に嫁として、私の実家に娘として、出向くことで一日が終わります。
母として夢子から祝ってもらえるのは、夜です例年。

実家には、日頃の感謝を込めて、
たとえば お茶碗や湯呑みや枕とか、夫婦お揃いモノをあげることが多いので、
いつも「父の日の分も一緒に」ってことに、させてもらってます。横着かしらー。
こーゆーイベントは、「忘れない流さない」ことが肝要なようですね。はい。
元気なお年寄りでいてくれたら。それが一番ありがたい今日この頃。


今年も夢子が、お小遣いで買って、用意しててくれました。

090510m+.jpg
リボンをほどく瞬間って、ほんと大好き♪(笑)

マグカップと、ハワイアンな亀でした。
090510m (2)


ありがとう、が飛び交う日。
「気持ち」が嬉しいよね。 また母業がんばるわ(気合注入)。
亀は、いつも持ち歩いてるカメラにつけました。


細かいことは置いといて

2009年05月11日 23:59

寺社好き、ってヒトクチに言っても様々ですよね、興味の対象が。
たとえば伽藍や建物が気になる派、狛犬専門、ご神木フェチ、仏像崇拝系など。
鉄道好きが、SL派や特急専門、、新幹線崇拝など枝分かれしているように(笑)。

でもさ、そこまで突き詰めて考えなくとも、豆知識なんか知らなくとも、
「なんとな~く惹かれる感覚」って、ありません? ←私このレベル。


「仏像の域」にまで達してない私でも、気になる仏像=天平「阿修羅」。
いつもは正面顔しか見られないのに期間限定で360度にわたって拝めてしまう。
木彫りじゃなく麻布+漆重ねで造られているため、
奈良のお住まいは湿度保持のガラスケースなのに、なんとそのまま展示。
そんな、奇跡のような阿修羅展が開催されてますよね、上野で。

都内に出張に行くという仲間に、私の分まで「ぜひ阿修羅を!」
とススメてみたところ、非常にあっさり、かわされました。
彼の目は、こう言ってました、「仏像でっか?わて、ジジババやおまへんがな」。
ええ、そのお口も言ってたんだから間違いありません。
ただの仏像とは一線を画すのだと推しても、1300年近くも昔の技術がいかに……、
ええ、私の悪あがきで終わったようです。

宗教の像ととるか、天平文化の具現化物ととるか、…ま、いいけどね(笑)。
そもそも阿修羅がどんな生きザマだったのか知ると尚更、興味がわくけどね。


私の亡き伯父は普通の善良な一般市民ですが、
仏像や観音像に造詣の深い人で、半紙に墨で、よく描いていました。
しまいにはとうとう、彫りだしちゃったりして。
その頃の私は、「年配者の趣味」という目で距離をあけて見てましたけど、
色んなタイプの蓮の花だけは「キレイねー」と見とれた覚えがあります。
神仏も分からず、それらの像や絵も怖く見えるので敬遠し、
けれど蓮にはすんなり惹かれた幼き日のあの「感覚」。

実は我が家にも彫り物あります(笑)。

090511z.jpg

某ハンズで買ったものではなく、わりと本格的。ペットボトル500mmサイズくらい。
蓮の花もあしらわれてるし、わりと細かいディティールまで表現してある。

090511z (1)



阿修羅展は東京国立博物館にて6/7まで。
教科書でもお馴染みの高僧・鑑真和上の坐像も唐招提寺からお出かけしていて、
奈良国立博物館で5/24まで拝見できるらしい。どちらも国宝ですしね。
「仏像の域」に達してなくても、どちらか行きたい。。

あのう、、
私は決して神仏界の回し者ではないですよ(笑)、無宗派です、念のため。
そしてまだ「年配の域」にまで達してないことも、改めて付け加えたい気分です。
イイと思っちゃう。なんか、惹かれる。ただそれだけなんですけどね。


備えをしても憂いは続く

2009年05月20日 23:59

090520i.jpg



新型インフルエンザ騒動が、まだ水際どうたらと言われてる頃、
娘の通う中学校では3年生の修学旅行が予定されてました。
さして問題になる様子もなく、さらっと予定どおり行けたの。
数日で、これほど状況が切迫してくるとはね。←甘いけど。
(土壇場で中止されたお子さんたちは本当にお気の毒です、仕方ないとはいえ)

3年生と引率者は感染してなさそうなのが幸いだけど、紙一重だったかも。
帰郷した直後18日の夜に出された報道が、以下。
『群馬県教委は感染地域への修学旅行や部活動の遠征について、
延期や中止を含めて検討するよう各市町村教育委員会に要請する』

つまり騒動以前なら行けたけど、もう行けない。いくら楽しみにしてようと。
週末を挟んで次第に国内感染者のカウントが増え、
対岸の火事ではなくなってきた様相なのは、群馬も同じ。


[備えをしても憂いは続く]の続きを読む


最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。