FC2ブログ

日常に溶け込んだ場所

2008年09月05日 23:59

ウチから一番近い、小さな公園。

080905.jpg
のび太が いるかも。


080905 (1)
カエルが いました。


080905 (2)


遊具も少ないし、いつも人影はないし(笑)、さびれてるというか閑静というか。
でも通学路脇にあって、時々お散歩がてら遊んで、犬も連れて行ったり。
クワガタを探しに行ったり、キャッチボールをしたり、カミナリ雲や夕陽を見たり。

娘が大人になったとき、この公園を思い出してくれるといいな。
 

スポンサーサイト



同じ日の、違う空色

2008年09月08日 23:58

080908 



080908  (1)



080908  (2)



080908  (3)


同じ場所から見てるのに、いろんな蒼。
 
 

国家的レスキュー

2008年09月08日 23:59

自衛隊機の音がすると、窓から見てしまうときがあります。

080908.jpg


080908 (1)


私は、右過ぎでも左過ぎでもないし、
戦争は怖いです。してほしくない。したいわけがない。

ただね、やみくもに自衛隊の悪口を言う人、そんな人を目にすると、こう思う。
災害現場での働きや、普段の厳しい訓練を目の当たりにしても同じこと言うの?って。
自衛隊の代わりを、あなたができるの?って。

良いか悪いかじゃなくて、「必要」だと私は思う。
あと必要なのは、「正しい舵取り」かと。


いってらっしゃいの空

2008年09月11日 23:29

一日の始まりだから、朝は なるべく小言を言わずにケンカをせずに。
そう思っていても、自分を止められないときも、ある(笑)。

どこかの人間が小さくても、
空は、さわやかに 「いってらっしゃい、気をつけて」って言ってくれるかもよ?

080911.jpg

 

大丈夫なほうのクモ

2008年09月13日 23:59

080913 (17)

この手のさっぱりしたクモは、苦手ではないんです(笑)。
南国系・砂漠系のような、足なんかに毛がはえてる色鮮やかなクモは、遠慮します。


小学1年の時だけ大親友だったH子ちゃんとの思い出。
学校の生垣に、たくさんのジョロウグモが たくさん巣を張っていて、
巣の端っこをピンッとはじくと、クモがめちゃめちゃ面白い動きをするの。
うわんうわん、って上下左右に揺れるのよ、逃げずに。
それが見たくて、ほんっとに連日、クモをひやかしに行ってたんです、二人で。

何がそんなに夢中にさせたのか、何が原因で二人は離れていったのか、
今の私には分かりませんけれど。


エアブラシも顔負けの雲

2008年09月16日 23:57

やっぱリアルに勝るものはないな、と感じた 午後の空。

080916s.jpg



080916s (1)



080916s (2)



080916s (3)



080916s (4)



080916s (5)



080916s (6)



080916s (7)



080916s (8)



080916s (9)



080916s (10)



080916s (11)



080916s (12)



080916s (13)



080916s (14)


蒼のグラデーション。白もグラデーション。
 
 

赤とんぼを追いかけて

2008年09月16日 23:58

とんぼを見かけると嬉しくなるのは、なぜだろう。
あとを追いかけたくなるのは、なぜだろう。
なつかしい気持ちになるのは…以下同文。

080916 (30)



080916 (45)



080916 (41)

ま正面で目が合う、ってスゴくない?(笑)
私が動いたんじゃなくて、とんぼが こっち向いてくれたんですけどね。
 
 

夏の名残と初秋の気配

2008年09月16日 23:59

庭にて。

080916g.jpg
鳥がつついた後は、アリの出番。
となりの、まだ色づいてない実は完全スルー。生き物って賢いわあ。


080916g (1)



080916g (2)



080916g (3)



080916g (4)



080916g (5)
雑草にも五分の魂(たましい)。 だからって、抜かない理由にはならんけど。


080916g (6)



080916g (7)
この実は、ヤマボウシ。 なんか、可愛い♪
 
 

文化とか価値観の差?

2008年09月17日 23:59

地球はひとつ。
ひとつなはずですが、実際は幾つもの文化圏に分かれている現状。

狭義の話。
Windows Vistaは、発売時の騒がれ方に見合わない低い評価らしく、
いまだXP搭載マシンを探したりする昨今。
iPhone 3Gも、同じような流れを辿っているかのような様相。

どちらも、「思ってたより良くないかも」と感じる人が多かったのか?
日本だから? 日本の市場では、日本のユーザーには、そう思われた?
(Vista批判・iPhone批判ではないからね。今のところは…って話だし。)


で、Google Street View。


[文化とか価値観の差?]の続きを読む

2つのお願いをこめて

2008年09月18日 23:59

080918.jpg


会えないけど会いたかった人たちに、幸せな笑顔がありますように。

まだまだ元気でいてほしい人に、早く普通の日常が戻りますように。
 

ひとり待つ間の夕景

2008年09月19日 23:59

主人と娘が公共ジムで汗を流すあいだ、参加しない私は車内に残ります。
娘が「ごめんね、置いていっちゃって」なんて言ってくれますが、
いいのいいの、全然いいの。 むしろ、撮るときはひとりが良いわ。
おとなしく車の中で待つわけがない(笑)。  さ、散策散策。


080920-2.jpg
沈みかけの夕陽が、木の足元を照らしてる。
こんなベンチで語り合いたい(笑)。


080920-2 (1)



080920-2 (2)
こういうフェンスって、部活の匂いがしない?(笑)


080920-2 (3)
あっ、もっと部活っぽいの発見。 野球の試合です。


080920-2 (4)
いまいち私が盛り上がらないのは、どっちを応援していいか分かんないから(笑)。


080920-2 (7)
誰かを熱く応援できるって、めったにないイイことなんだな、と妙に納得しながら、
どっちも頑張れとか思いながら、球場わきの土手から飛び降りました。→ジム行けた?

そして。さっき、バキンッという音ともに点いた巨大ライトに吸い寄せられます。
080920-2 (5)


こういうデザイン、好き!
080920-2 (6)



けど、もっと魅惑の外灯を発見。 なんかイイ。すごく惹かれる(笑)。
080920-2 (8)



080920-2 (9)



080920-2 (10)


あまりにも熱い視線で このライトを見上げていたら、
犬の散歩で歩いてきた ご婦人から、「なにか居るの?」って質問されちゃって。
「照明が そそるんです」って そのまま口に出したら不審者だなと思い、
「鳥が、さっき…」なんて誤魔化しちゃったことを、ここでお詫びします。
 
 

ハートの雲とか

2008年09月20日 23:59

080920 
合成じゃないからね。ほんものよ。 本物の愛(笑)。


080920  (1)
子ゾウかも。


080920  (2)
親鳥かも。


080920  (3)
ギブアップ。 想像力、ガス欠。


080920  (5)



080920  (6)



080920  (7)



080920  (8)



080920  (9)



080920  (11)



080920  (12)
 
 

大きなツヅラと小さなツヅラ

2008年09月21日 23:59

横浜界隈をテリトリーとする友人がいてね、彼女は言うの。
「車?、売っちゃったー。乗らないのに維持費ばっかりかかるんだもん」

だよねだよね。
乗らなくても、駐車場代・保険代・点検代など減るわけではないもんね。
裏を返せば、車がなくても不便ではないほど、他の交通網が充実している証し。
そう。都会って交通的に便利よね、網の目のようになっててさ。

けれども。
いわゆる「地方」なところは、そうはいかない。
車を持ってなければ果てしなく徒歩またはチャリ。…無理だってば。
最寄り駅まで車で30分もかかるのよ、歩いたらどんだけ?

そうして一家に1台では足りないの。
私の「地方」では、ひとり1台が当たり前。
だって、自分の足だから。クルマは足なの。
会社に行くパパも1台、パートのママも1台、専業ばあちゃんも1台、
大学生の息子も1台、そして高校3年の娘は間違いなく教習所通いね。

賃貸アパートでも2台分までは大抵想定内だし、
1戸建ての家など持つとしたら3台前後の駐車場は必須にして当然。
大丈夫、土地はお安いの。都会と比べたら。


でもね。
バイクは必需じゃないのよ>主人。

言うなら「嗜好品」のレベル。趣味じゃん、趣味。
前出の友人のことばを借りれば、
たいして乗らないし必需でもないのに「維持費ばっかりかかるじゃん!」

私の顔を見るたびに「新しいバイク買って」とか言うの、やめてくれない?
もっと話し合うべき案件が確か山積みなのに、それ↑ばっか。

あげく、「なんのためにオレ働いてんだろう…」と、たそがれる始末。
なんのため? 
そうね、バイクのためではないと思う(きっぱり)。

世界恐慌か!なんて言われている昨今、嗜好品に大金は出せない。
(私はバイク離れしてるので容赦なし)


自宅を建てるとき、あまり建物に興味のない主人は、
「ビリヤード台おける家なら建ててもいいよ」と言った。
でもそのうち、
「ビリヤード台いらないからバイク買って」と変更してくるので、
家とセットでバイク買いました。

その後、家リニューアル時には彼のゴルフクラブ買い替えがセットだったし、
私がパソコン買ったら自分のスキー道具を買ってたみたい。
なんの戦い?(溜息)

わりといつも、自分の趣味のことしか頭にない主人。

ならば、今回の妥協線。
  まず私の車を買い替えましょうか?=家。
  そしたらバイクも買い替える。=ビリヤード台。

お互いを許せる、黄金比でしょ?(違?)


ところで世界恐慌って、ほんとにくるの? 来ちゃイヤ。
 
 

雨のしずくも捕まえて

2008年09月22日 23:55

朝は、雨模様でした。

080922.jpg

ビーズ細工みたい。

080922 (1)

家が素敵になったというのに、「家主」は、お留守でした。
 
 

08.小6の運動会

2008年09月27日 23:59

娘、小学生として最後の運動会。
この地区では中学・高校での体育祭を、親は見学しないのが普通らしい。
「見納めだね」なんて、切ないフレーズも飛び交う小6の親たち。

当日、朝5時。目覚ましが鳴る。
お天気は良好。澄み切った青い空に、綿のような雲がふわり。
それだけ確認すると娘は、安堵して又すぐ眠りに戻る。
私だけですか起きるのは。 ええ、お弁当作りです。よね。

娘は、なりたかった体育委員さん。準備やら何やら用事が多い。
ライン引きは昨日終えたらしいけど、今朝はテント張りや用具出し。
朝7時過ぎ、みんなより一足早く登校するため主人が車で送る。
昨日のうちに場所取りしなかった主人は、その任務も遂行しなくちゃね。

任務と言えばPTA役員。行事のなかでも運動会は特に指令が多い。
今年は役員卒業させてもらった私。何の任務もない。ああ、なんて気楽なの。
娘より早く出かけてたものね、改めておつかれさま>自分。
開会式の8時半までに着けばよいのでシャワーはこれから。
身じたく整えてメイクもしちゃって、余裕で車に乗り込み、主人と現地へ。

学校に続く道はどこもマイカーの列。
いわゆる農道には交通整理係さんが立ち、なんと駐車禁止。
うそでしょ、ここは去年まではOKだったのに。戸惑うマイカーの列。
そうだ、関係者は校内に入れたのだ(去年までの恩恵をここで実感)けどダメね。

しかたない。戻って徒歩。急がないと開会式に間に合わないっ。
娘たち、前に立って何かやるはずなの。
けれども沢山の荷物。バッグとお弁当と簡易イス、カメラやビデオカメラ…。
やっと到着すると、終わっていた。いや既に運動会は始まっていた。

しかたない。荷物を主人が確保した席(レジャーシート2畳分)へ。
やっぱり。場所取りが遅かったせいでCクラスの陣地。
Aクラスはゴール地点。Bクラスはスタート地点ね。
特Aはテント内の関係者席。(去年までの恩恵をここでまた実感)
木陰を狙うなら、番外地つまりトラックから離れた校庭各所。
いいわ、娘の姿を追う私には、どのみち席を温めてる暇はない。

体育委員さん(娘)も、自分の席を温めるどころではないようだ。
競技ごとに準備品を持って駆け出し、徒競争ではゴールで札を渡す仕事。
娘が、自分の出番では疲れてるような気がするのは、気のせい?…
ともあれ最上級生らしい頼もしい姿も、しかと目に焼きつけておこう。
主人がまたビデオに違う子を収めるかもしれないから、私の生の目に。

080927school (1)


競技は着々と進行し、私のカメラには時折の空模様も収められて。
やがて正午。下級生はここで終了。上級生は列をなして教室へ。
そう。子供と一緒にお昼ご飯を食べられなくなったの!、今年から。
親たちは大人だけで校庭で、子供達は教室でお弁当を食べる図式。
年1回の運動会、青空の下で家族でお弁当を広げるのは楽しみだった。
親が来ない子供に合わせての意向だそうだ。賛否両論のようだ。

木陰に置いといたお弁当を目指して、木の傍に移動する私たち大人。
サクラの木には毛虫がいるの。だからブナの木の下でランチタイム。
人数分のお弁当を私が作り、義母は果物を持参という例年のならい。
大人用は、ご年配向けの煮物や和え物を多く詰めていくと大正解。
こども用のお弁当は若モノ向けでカラフル仕様です念のため。
大人だけの会話に疲れた頃、娘がやってきて空気を活性化。GJ娘。


080927school.jpg


午後の部。降り注ぐ陽光、時折の風。心地よい睡魔の到来。
テント脇の目立つ位置で爆睡する一人のお父さん=私には格好の被写体。
数年前から飲酒喫煙は禁止になった。来年は昼寝禁止になるかしら(嘘)。
それにしても禁止禁止、あれも禁止これも禁止。
それほどに常識良識のない父兄は増えている。残念だけれど、それも事実。

そうそう。私が通っていた小学校(昭和の時代よ)では、
来年度に新1年生になる園児が、10mくらい走って景品をもらう競技があった。
走りも表情も可愛かったけれど、ここではないのね、6年目で気づいたわ。

相変わらず忙しく飛び回る娘。今年は写真の枚数が増えそう。
そういえば1年生の時、45m走を見てうるうるしたママが数人いたわ(含む私)。
今年は120mも走ったのに、涙したママはいなかったもよう。耐性?鈍化?
私は6年変わらずにうるうるしてドン引きされたけど。

そういえば「瞬足」ではなくナイキの靴を履いていた娘。※瞬足=商品名。
意図でもあるのか不思議だったけど、単純に「あ!履いてくるの忘れた~」って。
「モノに頼らないでいく」そんな発言は返ってこない。さすが娘。
あれだけ(瞬足を)探したのに、この展開!?」という小言を、現地で抑制した私はえらい。
運動会翌日に言おうかな。いいけどね、もう。いいですよ。

踊りの競技では、裸足。凛々しい表情で颯爽と舞う子供たちに圧倒され、
大勢の中から我が子を見つけ出す親の執念って凄いなあと自画自賛していたら、
隣で主人が「あ~、やっと見つけた」と漏らす。既に演目終わりのほう。
おいおいビデオ係。また娘と私ががっかりするぢゃないの。


080927school (2)


そして閉会。任務がない今年は、閉会式をじっくり鑑賞という初体験。
各所で子供たちの掛け声やウェーブが沸き起こり、感慨もひとしお。
例年の私はこの時間、裏で茶碗洗いや駐車場係をしてたんだもの。
何でもそうだけどPTA役員ってのも、メリットデメリット両面ね。

最近あまり娘といられない主人も、しかと目には焼きつけたもよう。
親の前では子供っぽくいてくれる娘ですが、成長著しい多感期の表情を、
一日かけて見られたのも私にとっては大きな収穫。

「テント8ハリも片付けた~」と言いながら帰ってきた娘。
ハリっていう単位が覚えられたのも、立派な収穫ね。
土埃と汗にまみれたその顔も、秋の実りを感じるわ。(違?)

あ~あ、終わっちゃった(笑)。


わりと一大イベントですもんね、運動会。
全国のお父さんお母さん、子どもたち、おつかれさまです。

6回しか見られないのかぁぁぁ。←まだ言ってる。
 
 

雨を写すのは難しい

2008年09月29日 23:58

雨、好きですか?

080929rain.jpg

水の雫。 すべての始まり、って感じがするんです。
娘の名前も「しずく」って付けたかったくらい。 →却下されたけど。

080929rain (1)



080929rain (3)
「季節はずれなんて言わないで」って言いたげな朝顔。
胸を張って顔を上げて、雨に打たれてました。

080929rain (4)
着実に、秋が深まっている気配です。
 
 

秋雨に濡れる彼岸花

2008年09月29日 23:59

080929 



080929  (1)



080929  (2)



080929  (3)



080929  (4)



080929  (5)



080929  (7)



080929  (8)



毎年、不意に現れて不意に消えゆく彼岸花。
猛暑でも冷夏でも、秋彼岸に間に合わせるように咲いてくれる不思議な花。
曼珠沙華という別名も、どこか神秘的。

いそがないと、いなくなっちゃう。
雨の中、出かけていきました。 彼岸花が自生してそうな地域まで。
甲斐あって、白い彼岸花も発見。 自分が濡れるのなんて忘れてました。
黄色のも、あるそうですね。リアルで見たことないので、いつか出会いたい。

でもやっぱり、この「赤」が、一番ヒガンバナらしい。
なぜか、昔から惹かれてしまうんです、この花に。
 
 


最新エントリー