FC2ブログ

もう強引に秋とする

2010年09月08日 11:33

カッカしてる時に冷静になれる方法のひとつに、「納得する」がありますね。
数学ニガテな私にとって、
暑いよイヤだよとモウロウとしてる頭をクールダウンさせるものは、数値。


■ 実際ホントに暑かったのか。

住んでる地域で、30℃を超えた日数。 7月、22回。 8月、28回。 
ほぼ連日だわ。。そのうち半分くらい34℃超え。 …夢じゃなかったのね。


■ この暑さは、平年と比べてどんだけ違ったのか。

+2.25℃ですってよ。

え? 実感わかない?(笑)
平熱36度のヒトが38.25度の熱を出したら、かなり苦しいと思うけども。

では、1898~2010年、日本の8月の気温が少しずつ上がってる様子をグラフで。
ここ→ http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/aug_jpn.html



暑さ今昔比較について少し調べてみたけれど、
やっぱ行き着くところは「気象庁」かもしれない。 持ってるもん、データを(笑)。

「2010年 夏の異常気象分析結果」も、9/3に発表されました。
→ http://www.jma.go.jp/jma/press/1009/03a/100903extreme.html


「ふうん」って納得しました。 実際暑かったのね、だから暑かったのね、と。


*  *  *


あ、でもね、今夏の猛暑のヒドさを身近で気づくこともできます。

たとえばウチの柿の木。
例年なら、今ごろはもう薄緑色の実がいくつも枝について育ってるはずなのに、
今年は、ものすご~く数が少ない。そして小さい。 不作もいいとこ。
生き延びるのに必死で、実をつける余力がないのかな。
ほかの樹木も、葉っぱが日焼けで茶色くなってたり、くるんと丸まってます。

近隣の畑なんて、枯れかけた夏野菜を早々に処分したところが多くて、
「夏畑」の姿が消滅し、草ぼうぼうになってたりして、寂寥感が漂っています。
たまに草刈りにトライする姿を見かけるけど、途中であきらめるようです。
「秋畑」の準備すら、ままならないのかも。

こういう光景、ちょっと記憶にない。

他の、秋の実りは大丈夫かしら、小動物の食料もピンチよね、と心配しちゃう。
暑いのは夏らしくていいけれど、過ぎたるは被害を及ぼすよね。



暦のうえでは、立秋から1ヶ月、寒露まで1ヶ月という時期です。
本当は「ツバメが南方へ去ったのを見た」と言えたら風流なのですが、
今日、「アブラゼミの死骸を見つけ、コオロギみたいな虫の鳴き声を聞き」ました。
昨日の空も、夏の濃い青じゃなくて秋の透明感が出てきた気がします。
データは凄いけど、やっぱり体感。

だから! 今後どんなに気温が35℃を超えようと、もう秋! 秋に入った!
……気の持ちようですもんね、なにごとも。


スポンサーサイト



真夏が止まらない

2010年09月03日 23:59

ラニーニャって聞くと、夢子みたいに「まだ教わってないもん」と言いたくなる。
もしくは「手品~にゃ♪」を思い出す。
つまりラニーニャを真面目に受け入れる気になれない。拒否拒否。

それでも少しは涼しくなってきたんじゃない?って気がした朝のベランダで、
確認した温度計が32℃だったりすると、なんとも複雑な苦笑いができる。

夢子は、「いらないって思ったの生まれて初めて」って言う。
さもあらん。剣道部の子にとって超絶猛暑は百年の敵。



こないだ夢子の友達が、やけに憤慨していた。
「都会のせいで内陸が暑いんだよ、お水をあげてるのに恩をアダで…」

あらあら、どこからそんなドSなネタを。
もしいずれ自分が都会に住むようになってごらんよ、
内陸の人から「水源地の恩を」だの「おかげで暑いよ」だの、
八つ当たり的に言われちゃったら、どうよ?

たまたま住んでる地域の恩恵はありがたいとしても、それは別問題。
森と水を、実際に汗して守ってる人に感謝しないとね。
そして守り人は恩着せがましいことは言わないはず♪

大都会の熱が風で内陸に…とか、理科的な理屈らしいけど、
日本列島のカタチや県の配置に難クセつけても仕方ないよ。
気象に文句言ってどうにかなるんだったら恐竜だって絶滅してないもん。


でもね、これだけ猛暑が続くとイライラする気持ちは分かる(笑)。
ただ暑いだけじゃなくて、蒸し風呂みたいにじっとりして息苦しいもんね。


「暑さ寒さも彼岸まで…って言うじゃない、もう少しの辛抱よ」
って私が言うと、彼女は、
「そうなの? そしたら涼しくなる?絶対ホント?」と訊いてくる。

うん。多分。。だって昔のヒトの言うことは、ほぼ間違ってないし。。。



え? 戦後イチバン暑い?  ……やだ。自信なくなっちゃった。



skyofsummer.jpg

見てるだけならキレイな。 高温多湿っぷりを伝えられなくて残念です(笑)。


またまた降りしきる雪

2010年02月13日 23:59

また、雪。

100213(1).jpg

けっこう激しい、降りっぷり。
夢子の送迎で恐る恐る運転のさなか、しばし停まって見とれるほどでした。

100213(2).jpg


電話をかけてきた実家の母が、かぜ声の私に、こう言うの。
「やだそれ、インフレ?」……

えっと…、インフルではないんだけど、今はデフレじゃないかな。。。




明日は、旧暦の「お正月」。 と春の、境目ですね。


予告どおりの初雪

2010年02月02日 22:22

2月初日の天気予報。 「関東地方でも雪が積もるでしょう」

私もですが、普段、雪に慣れてないとこの皆さま、大丈夫だったでしょうか。


夕方、雨に濡れて帰宅した夢子は、鼻水じゅるじゅる+かすれ声。
どうしよ~。 ←言ってるだけ。こんなの慣れた。
雪も風邪も、不可抗力(笑)。
とりいそぎ夕食は、体があったまるものを、はふはふっと♪

冷たくて重い、みぞれ混じりの雨は、やがて音を立てなくなり、
白いフワフワがひらひらと舞い始め、あたり一面しんと静かになってきます。

090201snow (1)

雪って不思議。 
町の雑音を吸い込んで、白さと静けさが共鳴してるみたいな一体感があって。



明けて、朝。
テレビで映るのは都会の雪景色ばかりだけど、プチ田舎は、こんなです(笑)。

090202snow (1)

近所の畑。 埋まってるのは白菜の玉。


朝日に水滴が反射して、電線がイルミネーションみたいにキラキラしてました。

090202snow (2)


ぜんっぜん想像してない場面で、
「寒いねえ、(空を見上げて) あれ…、雪? 雪だよ、雪っ♪きゃー♪」なんて、
最近はなかなか経験できません、予報が当たるので。
当たるからこそ心の準備ができるので、ほんとは感謝なんですが。


で、平成22年2月2日22時22分22秒の更新を目指してみました。
明日は、節分ですね♪


秋への虹色かけ橋

2009年09月07日 23:59

雲もまばらな、青い空がまぶしい日曜日。
車の窓を開けて心地よい風を受けながら、先を急ぐ私。

ふと、前方に妙なものを発見。
道路わきの家から、ホースの水が道路に向けて放水されてるの。

かなり勢いよく噴出された水流は、道路から空へと放物線を描きます。
遊んでたのは、小学生と幼児の男の子2人。兄弟かな。

その地点を通るとき聞こえたのは、
「にいちゃんっ! にじっ♪」  「おうっ♪」という、はしゃいだ声(笑)。


一瞬のことで 虹は見落としたけれど、
頭からTシャツから、ずぶ濡れになって笑っている兄ちゃんと、
青いホースを しっかり握りながら得意顔をしていた弟の姿がチラっと見えました。

2人とも、日に焼けて真っ黒で。


顔が ゆるんじゃった♪
休みは終わっているけれど、きっと、も楽しかったんだろうな、この2人(笑)。
きっと、秋も、なんだかんだ遊びにして楽しんじゃうんだろうな。

男の子って、いいなあ(笑)。


今季一度も、私的にプールで泳げなくて切ながっていた娘がウチにいます。
そういえば夢子は、庭の水撒きすらできないだった。

使い古されたフレーズですが、忙しい、は心を亡くすと書くのよね。
少しは、遊んでほしいなあ。。  秋もまた、足早に過ぎていきますしね。


送り火、花火、宵の風

2009年08月16日 23:59

エアコンをつけなくても、涼しい夜風が ふわりと抜けていきます。
少しだけ部屋の照明を落として、風がカーテンを揺らすのを見るのが、とても好き。

8時過ぎ、古都は五山送り火かしら…と、(見えはしないのに)ベランダに出てみると、
遠くから、ドーンという音が。


090816f.jpg


そうだそうだ、今宵は某所の花火大会♪
湯あがりの私と夢子は、小さな歓声をあげながら、見入ります。 
テレビを消して、濡れた髪が乾くほど飽きもせず、最後の大玉まで。


090816f (1)


「あ~…、終わっちゃったね…」

抜けていく風は、もう秋の気配。 コオロギかしら、タイミングよく鳴いてくれちゃって。
夢子は、「あーあ、休みも、もう終わっちゃうんだね…」と、遠い目をしていました。
13歳の、どんなふうに刻まれたんだろう。 武道武道で汗まみれ。あとは…?(笑)




送り火と聞くと、お盆の終わり、そしての終わりを感じます。
季節変わりに、きゅんと切なくなるのは、だけのような。

折々の「節目」は、季節感と密に結びついていて、
知らず知らずのうちに そっと人の背中を押してくれるのかな、次の節へと。
いつも思うけど(笑)、四季のある国で良かった♪


今日の お昼前は、お盆提灯に火を灯し、家から お墓までのお見送り。
夢子が持ってたのですが途中で消えちゃって、たまにあることなので周囲は動じもせず、
そこで火をつけなおして何事もなかったように向かうのでした。
後戻りして再度 家から… やり直さなくていいのが「現代」だそうで(笑)。


大人の休みも今日まで、という方が多いのでしょうか。
明日、月曜からは また「平常」が始まりますね。 お互い、がんば(笑)。

2009. 某所の夏まつり

2009年08月05日 23:59

自分が参加しない お祭りって、イマイチ感情移入しにくいかも…(笑)。


090811 (2)


090811 (1)


珍しく夜の予定がなかったので、
夢子と一緒に お祭りに行こう♪と思い、楽しみにしてたら、
例によって夢子は、お友達と約束してきました=親は邪魔=でも運転手はしてね。。

まあね、私の中学時代も、お祭りは同年代と行くものだったわ。。



カヤの外にされるのは悔しいので、迎えに行きがてら、
若い衆(夢子ら)を無理やり引き連れて ひとまわりしましたけど♪

でも、連れが居ると、撮影は しにくい。  
「おたく」って言われた…  ←メガネ姿でカメラ下げてたから?
しかも、たい焼きしか買えませんでした。。


2009. 花火つれづれ

2009年07月31日 23:59

時おりの小雨のなか、打ち上げられた花火。 涼しくって、見るには快適♪

おなかに響くようなドーンドーンという大きな音も心地よく、
屋根のある「特等席」で満喫しました。  至福のひととき♪

tall01.jpg






赤いのが特に、すっごくキレイだった。
私の気分が 「赤」だったのかもしれない(笑)。

red01.jpg

red02.jpg   red03.jpg

背景まで赤く染まる。 幻想的♪





スプラッシュ系(笑)、2連発。 火玉なのに、水滴みたい。

splash02.jpg

splash01.jpg






花火って「火薬」なんだなあ、と思った爆発系。2連発。

bomb01.jpg

bomb02.jpg






何を写してるんだ、って感じ?(笑)  花火らしくないですか?
でもね、オバケみたいなのも、いたの。

busters01.jpg
ね?、イソギンチャクおばけ。


busters02.jpg
これは、音がね、、ひゅーどろどろ…って。


busters03.jpg
「襲われる~、逃げろ~」、みたいな。。





わたし的には、ピントが合ってない数枚が、ツボでした。ファンタジーっぽくて(笑)。

fantasy01.jpg

fantasy03.jpg       fantasy04.jpg   

fantasy02.jpg
もはや、花火なんだか分からないけどね♪





カメラ構えるより、見るのに夢中で。
「花火らしい美しい写真」って、撮るのが難しいんですね、実感しました。

fire02.jpg

fire03.jpg

fire05.jpg

fire06.jpg

キレのいい連射ができるデジカメが欲しい。。そんな考えは邪道でしょうか。

全国的に、不況のあおりで花火大会の中止が多いようですね、
分かるけど、事情は分かるけど、ほんと寂しい限りです。
この花火の関係者の皆さま、ありがとうございました。






last01.jpg   last02.jpg   last03.jpg

最後の花火が終わると、の暗闇に戻る。 流れていく煙。静かになる街。
こういう余韻、満足感、久しく忘れていたかもしれない(笑)。



天候や予定や場所…、いろんなラッキーが重なって、見られた花火。
思い出に、残ります。 とても。

fire01.jpg


鳥のような翼を心に

2009年04月26日 23:59

いくらでも「飛べる」んですけどね、夢の中なら…(笑)。

ある日の、鳥。 いえ、烏(からす)。
090426b.jpg

好きじゃないけど、飛んでる姿はクールだった。
090426b (1)

同じ頃、地面近くでバタバタしてたのは、スズメ。
090426.jpg
頑張るのよ!、
そろそろ出回り始めたアイツラ(芋むし系)を食べちゃってね、好きなだけ!


09.桜⑥ 花道さくら吹雪

2009年04月12日 23:59

昨日は ものすごい強風で、もう寒くはなくて気持ちよかったのですが、
桜の花びらがはらはら散らされて、飛んでいくのをあちこちで見かけたの。

だから、今日どうしても見に行かないと見逃しちゃう、そう思って、あるポイントに。

あった! さくらの、じゅうたん。
090412sk.jpg


090412sk (1)


090412sk (4)


桜並木のその下にできた、さくらの花道。
090412sk (6)
踏まないように、鼻息で飛ばさないように、気をつけながら撮りました。

今日もまた、ひらひらと、空から舞い落ちてくる花びら。
時おり、それが顔や肩にかかって、ほんのり少しだけ香って、
ひとり風流を満喫しました。 ちっちゃな幸せ(笑)。




最新エントリー