FC2ブログ

春に呼ばれて穴を出る

2010年02月25日 23:59

今日もあたたかくて、とっても気持ちよいので体がよく動きます(笑)。
啓蟄は、もすこし先ですが、カメラを下げてブラリひとり旅♪、的な寄り道。


ほらね、穴がありました。。
腕がすっぽり入ってくサイズ。 なにものが出てきたんでしょう。こわっ。
100225  (1)
怖いものにはフタをしたい。 ちょっと土をかけておきたくなる。
万物すべてを保護したい気持ちは、私には、、ない。。


さて。
ほのかに漂うの香りに導かれて、そぞろ歩き。 いい気分♪ 
100225  (2)



100225  (5)



100225  (4)


松水梅。 竹は、なかった。。
100225  (6)


ウチの白梅は散ってしまったけど、ここのは蕾もあって、まだ楽しめそう。
100225  (7)


派手さで惹きつける濃いピンクの梅は、もう盛りを過ぎて、散り際の妖艶さ。
100225  (8)


魅惑的。 魁(おいらん)を想像してしまう。江戸一番のね。
100225  (13)



100225  (9)


匂いたつような、あでやかさ。 実際、香りも強かった。
100225  (14)



100225  (17)


今日の天気では、この薄い色の紅梅がイチバン綺麗に見えました。
100225  (12)


とっても柔らかそうで。
100225  (11)


清楚な嫁の、丸いブーケみたい♪
100225  (10)



100225  (15)



ほんとの虫たちも、せっせと仕事中。
100225  (18)


せっせ、せっせと。
100225  (19)


あー忙しい。かくれて休んじゃお。 ←自分を投影してしまう。。
100225  (20)



片隅では、まだロウバイが咲いてます。長持ちするのねー。
100225  (21)


わけわかんない火みたいなも。 なんて名前なのかな。
100225  (22)
縁日や駄菓子屋で売っている、ぴゅーって吹く笛のようにも見えます、くるんとカールしてて。


こんなも、居る。 何がどうなったら、こんなにひん曲がってしまうのかしら♪
100225  (27)


非常に上りやすそうで、そそりますが。
100225  (26)


まっすぐなタイプは、水面(みなも)に映える。
100225  (28)



こちらの場所には、まだ新しい(たぶん)獅子が2体いるのですが、
100225  (29)  100225  (30)
どちらも阿阿。  ねえ、いいの? 阿吽(あうん)じゃなくて、いいの??




ついつい、歩き回れてしまった。
夢子が忘れ物してくれたおかげです。学校へ道着を届けるついで、でしたから。

100225  (16)

お天気に誘われた人たちが、たくさんいました。 みんな、冬ごもりを終えたいのかな。
関東地方も、「一番」が吹いたみたいですしね♪


スポンサーサイト



梅いち輪の暖かさ

2010年01月31日 23:59

数日前から、通るたびに気になっていた某公園の白梅。
ママ友と待ち合わせするのに、この場所を指定して早めに着いて、いそいそと。

清楚な南高梅。 思ってた以上に、たくさんひらいてました。ほのかな香りも漂わせて。


100131梅(1)




たった1本の雌しべを守るように、たくさんの雄しべ。
まるで逆ハーレムよね(羨)、夢子には言えないけど。

…あ、いえ、とんでもない。こんなに「清楚」きわまりない姿なのに、失言でした。

100131梅 (7)



100131梅 (6)




歳寒三友(さいかんさんゆう)と言えば、 松・竹・梅。
清楚さを競う三清(さんせい)は、 梅・竹・水仙。
の中の、四君子(しくんし)は、 梅・菊・蘭・竹。
古くは桜よりも梅だったのね、愛でられていたのね、と思わせる古き良き言葉たち。

100131梅 (10)




菅原道真公や前田利家の家紋もそうですが、梅といったら、びらは5枚。
100131梅 (15)
100131梅 (17)
夢子が見つけた、6枚バージョン。突然変異なのかな、家の梅もごくたまに6枚のがある。
四葉のクローバーじゃないけど、見つけたらラッキー♪ってことにしています(笑)。




隣には、可憐な黄色の衣装の、ロウバイ。 こちらも梅の仲間よね。

100131梅 (23)




ちぢこまって堅そうだった々が、少しずつ差し色を増やして柔らかみを帯びてくるのも、
の気配」のひとつですよね。
まだ、ひと寒波きそうですが、私のウキウキ度もあがってまいりました。


塀にも引力にも負ケズ

2010年01月26日 23:59

聞き耳01

重いよう、痛いよう。

むかし話「聞き耳頭巾」に確かクスのが出てきます。 
根っこが、新しい蔵の下敷きになって苦しむの。 それを思い出しちゃった。

[塀にも引力にも負ケズ]の続きを読む

二度と戻らない、の意味

2009年08月03日 23:58

解決できない = ひとつの悟り = 解決。 
なので再度アップいたします、記録として。

「プチ森」を目指して10年。  やっと理想に近づきつつあったウチの庭のお話です。


[二度と戻らない、の意味]の続きを読む

09.樹木の葉ひかる立夏

2009年05月05日 23:59

ゴールデンウィークは、半そでTシャツ。 そんなイメージがあります。
「暖か~い」じゃなくって、「暑いっ」よね。

「汗って、こうやって、かくんだっけ~」って思い出す時期でもある。
やがて梅雨が来て、また肌寒くなるとしても、この一時期は初夏のよう。


空も川面も、あちこちの葉っぱも、きらきら光って反射がキレイです。
どこを見ても、みずみずしく感じる。 あやかりたいわ。。
090505立夏

3月には縮こまっていた樹々の新葉、4月に柔らかく開いたと思ったら、
もういつのまにか硬く厚く、そして葉脈もくっきり、一人前に成長しています。
花を咲かせたり実を結んだりするための工場が完工したせいか、立派な姿。


立春で目を覚まし歩き出して、立夏で走り出し、立秋でまた歩みを緩め、立冬で眠る。
そんな大自然のサイクルのなかの、ほんの小さな生き物が人間なのよね(笑)。
大変なことに人間は、いつも走ってなきゃいけないらしいけど。。

紫外線も、5月が一番強いんでしたっけ。警報レベルよね。気をつけなくちゃー。
夢子は、
「アイスが食べたくなる季節だねー♪」と言ってました。←わりと年中たべてると思うぞ。


09.春の、庭の花

2009年04月05日 23:59

いろんな工程で人の手がかかっているだけあって(笑)、
華やかなのが多い、庭に咲く花たち。 今回のは、うちの庭ではないことを明記。
キレイに咲かせるには、愛情と、緑の指が必要かもです。

P1180959.jpg
めっちゃ、清楚(笑)。
好き、嫌い、好き、絶対スキ…、花占いできそうよね、私のキャラじゃないケド。

P1180945.jpg
清楚3連。少女が喜びそうな、ブローチみたい。



幼児が描くようなチューリップ。
P1180973.jpg


P1180968.jpg
チューリップの内部まで描いてたら、それは小学生!←理科で。多分。



色、いろいろでニギヤカなパンジー。
P1180976.jpg


P1180975.jpg


P1180979.jpg


P1180974.jpg
このタイプだけは、動物に見えてしまう。なんか、肉食っぽい。。



薄紫の芝桜。グラウンドカバーとして、この近辺では人気みたいで、よく見かけます。
P1190174.jpg
確かに「桜」っぽい花形ですが、やっぱ本物の桜とはどこかが違う。ごめんね。
ひとつひとつは可憐で地味なのに、集団で生きることで「華」をまとう。そんな感じ?(笑)


09.春の、木の花

2009年04月05日 23:59

春だなあ、って思うことのひとつ。あちこちに、急に「彩り」が増えること♪
木の、この時期の葉っぱや花びらは、どれも柔らかそう。

P1180864.jpg



P1180867.jpg



P1180875.jpg



P1180877.jpg



P1190024.jpg



P1190054-.jpg


春の元気カラー黄色花

2009年04月02日 23:59

090402y.jpg

たんぽぽ、って名前をつけた人をスゴイと思う。
覚えやすくて、とっても可愛らしい響きだもの(笑)。

そこにあるだけでパッと明るくなるような、黄色。
元気をもらえるビタミンカラーですよね。

090402y (1)



090402y (2)



同じ時期、あちこちで見かける菜の花も、黄色。

090402y (3)



090402y (4)
ひとくちに菜の花といっても、いろんな種類があるんですよね。
これは、つくりが繊細なタイプ。

私にとって「大雑把な菜の花」は、こんな感じです(笑)、ちなみに。
090217g  (6)



水仙もたくさん種類があるけど、このあたりでは良く見かけます、庭先や畑の脇で。
090402y (5)
これは、清楚ではなく、華やか系。
ちゃんとした名前? …知らないです(笑)。


偶然は、やがて奇跡へ

2009年03月18日 07:55

コンビニで偶然、お初に目にする商品と出会いました。

090317n.jpg
「メガデール」。  芽が出~る…、好きだわ、このネーミング(笑)。

偶然だけど、春めいてきて、ちょうど種苗屋さんを覗きたくなるな~と思っていたところ。
お遊び半分で、いくつか選んで試しに買ってみます。 確か、1個 98円。
090317n (1)
これで野菜が(少しでも)できたら、楽しいし嬉しいし美味しいし♪
夢子に1個だけ選ばせたら、ラベンダー。食べられないけど癒しの香りよね。

この形状なら、仮住まいでキッチンガーデン的に できちゃいそう。
リボン巻きくらいの、直径4センチ程の、この丸い種商品。
090317n (2)

パッケージをあけて、適当な容器に入れ、水をあげるだけで発芽するんですって。

適当な容器かあ…。
①ちょっと深めで、②穴があいてなく、③水もれしない、④小さな、⑤丸い、何か。

意外と難条件。 そんな容器、ウチにあったっけ?
なにげな~く あたりを見わたすと、そこには!
  

[偶然は、やがて奇跡へ]の続きを読む

自宅のメインツリー

2009年03月17日 19:21

背の高い、シャラの樹。 別名、ナツツバキ。
朝日をあびて浮かび上がるシルエットが、キッチンの窓から見えます。

090317s (3)


090317s (4)

この樹だけは、山まで行って何十本というシャラのなかから選ばせてくれたの。
立ち姿と威勢のよさで、選んだの。1番ワイルドなシャラだったの(笑)。

でも、
生まれ育って、仲間がいる山から降ろされてウチに植えられ、←擬人化して同情…
その時に かなり枝を落とされてね、←自分が切られるみたいに痛かったわ…
元気をなくしちゃったのね、少し。

それでも毎年毎年、可憐な白い花を咲かせてくれるけれど、
もっと生き生きと、もっと元気になってほしいです。 大切に、想ってるから。

 
 
今日17日は、春彼岸の入りですね。
命があること、消えることの不可思議さを、ふと考えてしまいます。
 
 


最新エントリー