FC2ブログ

夏休み07■竜神の夏雲と暑さボケ

2010年07月27日 11:11

時々、「どうしたって龍でしょ、この雲は」と思うときがあります。

といわれる生き物ですが、私は、実在したと信じてます(笑)。
だって伝説にもよく出てくるし、恐竜がいたくらいだから龍だって。



この夏、一面にとんでもないサイズで現れた、まがまがしい龍を発見しました。

mukashi00.jpg

ですが、ふと、懐かしさを覚えたのです。
も、もしや、これはっ! ……


[夏休み07■竜神の夏雲と暑さボケ]の続きを読む
スポンサーサイト



やっとやっと春の空

2010年02月18日 23:59

暖冬、温暖化なんて言われるけれど、年が明けてからは すっごく寒い!
2月は珍しく雪も数回降ったし、あたたかな日差しもしばらくご無沙汰で、毎日灰色の

1002snow(4).jpg




ですが、今日の午後、
暗くて厚い雲が途切れて、久しぶりに太陽が顔を出します。

100218(1).jpg

あ、切り替わってる。 になってる♪


そしたら夢子も、「の匂いがするよー♪」って帰宅しました。
土や草や風の匂いで季節認定できる嗅覚(笑)、私も以前はもっと鋭かったのに。

暦のから2週間。 ほんとのが立ちました。群馬では(笑)。



試験が終わったら2月が終わって、そしたら、夢子が慕っていた3年生の卒業式です。
また、やってくるのね。 旅立ちと節目の季節が。


寅年1月の夕暮れ

2010年01月30日 23:59

少しずつ、日が沈むのが遅くなりましたね♪

2010年、最初の1月。
日の入り時間は、1日が16:38、31日は17:07。 約30分も昼間がのびた。

1月に撮りためた、冬の夕暮れ。

1001sunset (1)



1001sunset (2)



1001sunset (9)



1001sunset (3)



1001sunset (7)



1001sunset (6)



1001sunset (5)



1001sunset (8)



1001sunset (10)



冬は寒いけれど空気が凛として景色がキレイ。 「ぬくもり」のチカラも実感できるしね♪
でもやっぱり春が恋しいです(笑)。


上空は地球色

2010年01月26日 23:59

100126s.jpg


「雲ひとつない」って、滅多にないですよね。

今日はほんとに、ひとっつも雲のないだけのを見ました。
いつもは見えない山影まで遠くに横たわっていて、関東平野はずっとずっと続いていて。 
抜け感サイコー♪
ハッピーになれる事だって日々たくさんあるんですよね、見逃さなければ。


染まるのは空と水面と

2010年01月13日 23:59

夕暮れ時、市街地の小沼。

100111.jpg

この近くを車でしょっちゅう通るのに、去年はじめて ここに沼があるって知りました。
この地区に住んで、もう10年以上。 
抜け道や近道もかなり覚えてきたはずなのに、まだ知らない場所がたくさんある。


年を重ねて色々分かったつもりでも、まだまだ知らないことだらけ。
謙虚であれ。サビつくな。 って事かもね(笑)。



寒波といってもまだ序の口。 そのうち、もう一段グッと寒くなるんでしょうね。
みなさまもご自愛なさってね。


夏休み最終日の空

2009年08月24日 23:59

寒冷地でもないのに夏休みが短いんです。 脱・ゆとり、のせい?(笑)

最終日。 
朝から、すっごく いい天気♪ 気持ちいい~♪
090824.jpg

部活も塾も雑用もない、貴重な休日。 どこかに出かけるより、一日のんびり。

ベランダに出したイスでくつろいで、流れる雲を見ながら、
「この夏休み、ハードだったね…」と振り返る夢子。
「おかげさまでね~」と、遠まわしに、親への感謝を押し付ける私。
P1250161.jpg


部活ばっかりで、結局どこにも遠出はできなかったけれど、
それでも夢子は、いえ、私も、「いい夏休みだった。すごく濃かった」と思える不思議(笑)。
好きなことを見つけて、とことん熱中できる幸せを満喫した夢子。
そんな我が子の姿を見られるのも、また幸せなことかも。

家のお手伝いとか、そこらへんは褒められないけれど、
それって私が元気でいられたってことだし、善き傾向なのかもねと思います。
私が病中の時期は夢子が主婦でしたからね。。 →祝、私の回復♪(笑)
毎朝の自主的ラジオ体操から始まって、わりと規則正しく過ごすなかで、
当たり前のことが普通にできて、それが嬉しくて…という幸せを感じられた夏でした。
ほんと、ささいな家事が すんごく楽しかったの(笑)。



なんと「チワワ雲」 発見!(笑)  うちの愛犬の、眠たい姿みたい。
090824 (2)
※犬に見えないって人いますか?いないよね(笑)


だんだん、怪しい灰色雲が覆いかぶさるように広がってきます。
090824 (3)

090824 (4)

そして、どしゃ降り。 スコールみたいにザアーッと派手な雨で、面白かったの。
夢子は、「土の匂いがする~♪」と、はしゃいでいました。
土も生きてるから匂いがするのかな。



急ぎ足の雨雲は、去り際に涼しい風を残していってくれました。
090824 (5)


また少しずつ、青い空がのぞいてきます。
090824 (8)


西の空では、雲間に ピカピカ輝く後光。
090824 (7)

090824 (6)
「パワーッ!」って感じよね♪


見とれていたら、いつのまにか夕暮れが、辺りを ほんのり染めていくの。
090824 (9)


真っ暗になっても、オレンジの濃い夕焼け雲が しばらく残ってました。余韻余韻。
090824 (10)




一日じゅう、合間合間に 二人で見あげた空。  もう、秋の気配なんですね。
明日からは新学期。 終わっちゃいました、夏休み。。
さびしい反面、「やっと平常ペースが戻ってくる♪」と、安堵もあるのです(笑)。



追伸。
始業式の明日は、「マスクして登校するように」と連絡網がまわってきました。
新型インフルエンザへの警戒らしい。   みなさまも、お気をつけて。


夏空がつくりだす明と暗

2009年08月03日 23:59

数日ぶりに晴れ渡った、夏らしい

090803--.jpg




気温も、ぐんぐん上昇。
茂った葉っぱの影で しばらく涼んでいたのは、多分ムクドリ?

090803-.jpg

まだ青い柿は食べられないって知ってるのね、賢いわあ。



は、いいなあ。  なんか、自由で(笑)。


奇跡だらけの部分日食

2009年07月22日 23:59

見ることができました♪、この目で。


090722.jpg


ほんの一瞬ですが(笑)。



天気予報どおり、朝から くもり空。
雲が幾重にも重なって、どこに太陽があるかも分からないようなブルーグレー色。
「涼しめで、過ごしやすくていいわ♪」っていう天気なのに、
今日だけは恨まれちゃって空が可哀相だけど、しかたないよね、日食だもん(笑)。

朝のテレビでは絶望的とは明言しないものの、南の島で待機する人々の暗い表情が。
そりゃそうよね、この日のために大枚はたいて移動してテント生活してたんだもの。


私も、夢子と観察するために準備万端で楽しみにしてたのよね。
090707.jpg

でも、「その時間は部活だから一緒には居られない」と あっさりフラレちゃったし、
もうほとんど諦めて、でも一応、太陽観察サングラスだけは持って出かけたわけです。



空を気にしながら移動中、なんと雲間に太陽の光が!
うっすらぼんやりだけど、確かに光。 
P1240178-.jpg   P1240203-.jpg


もしかして♪という淡い期待を抱きつつ、近くの駐車場で待機姿勢。
尻尾までアンコがたっぷりの、うす皮のタイ焼きを食べながらね(笑)。


そしたら、一瞬、雲が切れた。 時は10時半。これを奇跡と言わずして何を言う!
それが冒頭の画像です♪  諦めかけてただけに、喜び倍増。


観察サングラス越しに写した(ビミョーな)1枚。
P1240179-.jpg



関東では最大7割くらい欠けるんでしたっけ。
その一瞬も、ちらっと。

090722-.jpg

「ほんと、もったいつけるんだからー♪」と思ったけど、見られたので上機嫌♪

軌道とか周期とか むずかしい話は分かんないけど(笑)、
部分日食といえど、拝めただけで とっても幸運でした。

減光フィルタとか超望遠とか装備してない「いつものカメラ」で撮れたのも、
曇りで光量が少なかったからかな、だとしたらそれもラッキーな奇跡。
この日に、見える方面に出かけていたことも、偶然だけど奇跡。



後で聞いたら、見えた人より見られなかった人のほうが多かったみたいですね。
夢子も、部活中に顧問の先生が来て、臨時観察会を開いてくれたらしいのですが、
しばし待っても雲が切れなくて、諦めたそうです。
そして南の島では、
太陽は見えなかったものの、昼なのに夜になる驚きを目の当たりにしたようですね。





人間がどんなに地上で騒いでも、晴れない天気。動じない自然。
「あくまで天候不順だった」ゆえに、宇宙の尊大さ・自然の畏怖を感じたりしてね。

今でこそ「幸運」なんて大っぴらに言えるけど、日本でも、
飢饉や災害の兆候だとして、日食は不吉なものと恐れられていた時代がある。
まるで月と逆転したかのような欠けた太陽を見て、つい、平穏を祈ったりして。



ともあれ、日食じたいが「奇跡」。
皆既中の数分は、暗くなるだけでなく、気温が 5度前後も一気に下がるそうだし、
わずかの間に日暮れと夜明けを体感できちゃうなんて、めっちゃドラマチック。
コロナやダイヤモンドリング、プロミネンスや星々まで生で見られたら、もう大奇跡。

神秘的な暗闇でプロポーズなんて、ベタだけど(失礼)、確かにググッときますよね。
私も期待…、って26年後か(笑)。   ←それこそ、ありえない奇跡やね。


誰のフリ見て我がフリ直す?

2009年07月09日 23:59

いつもできるコトができないと、自分で びっくりします。
例えば、何百回と繰り返している自宅の車庫入れで愛車を少しぶつける、とか。

いつもはできないコトができる、ってのも びっくりですよね。
例えば、その気はなかったのに慣れてる道で転べて少しケガできる、とか。



この手のビックリは、「へこむ」とも言うケド。(笑)

さんざんクスクス笑ってから なぐめてくれる夢子に、自分を見たわ。。
これからは、笑い倒す前に なぐさめてあげる自分になろう。順番、変えよう。





6月も7月も、満月は見られませんでした。天候により。

今日の、夜空。 満月の2日あと。


これでも夜用モード。
090709 2


いっそ普通モード。
090709 1


にじんでるみたいな、ボヤ~っとしたお月さま。 
パキッとしなはれ。  >自分もか。



ハッキリしないグズついた時期、みなさまもどうぞ ご自愛を。
あと1週間で(子供は)夏休み。 梅雨明けも、間近ですね♪


親の心、子知らず過ぎ

2009年06月24日 23:59

まったく夢子には、びっくりしちゃう。

期末試験の前前夜、
「何時まで起きてていい?」って訊いてくるので、
やっとヤル気出したんかいと思いながら、「朝がツラくない程度に」と返したら、
なんと、本を読んでいた。試験と関係ない、女子モノの読み物を。
「だって今ハマッてるんだもん」とか言っちゃって。

いつになったら「本格的に」始めるんだろう。試験勉強ってやつを。
とはいえ読書もいいけど試験後にして、勉強しないなら寝てほしい。寝てしまえー。

そして試験前夜。
「さーて♪」と言って別室に行く夢子。やっと本気だしたのね。
目でエールを送り、邪魔しないよう静かにしていた私。
やけに静か。静か過ぎる……もしや!
そうなの。なんと、さっくり布団に入って、大の字になって眠っていた。
勉強をやり散らかした跡なんて勿論なく、速攻眠ったのが、ありあり。
さーてヤルかじゃなくって、さーて寝るかだったらしい。。おやすみも言わず。

びっくりでしょ?、やだわ~ 


5月末にあった中間テストは5教科だけで、
塾では試験対策という授業が3日くらい続いたけれど、
家で、試験のための試験勉強らしきものをしていた覚えがない。ないの。
机に向かってたのは、あれは多分、宿題で。

今回の期末試験は全教科。
それなりにマジメに自分でやらないとマズイって、本人も承知してるはず。

それらしき勉強といえば、車に乗っているときに、
「魔王といえばシューベルト」という、線で結ぶ的な、音楽の試験向け発言のみ。
しかも魔王の作詞者には触れず、シューベルトのことを、
「小太りのおじさんなのに、でっかいリボンつけてる人。髪はチリチリで、メガネで…」と、
ビジュアルにしか視点が行ってませんでした。
歌曲の王に失礼よ。若い頃はイケメンだったらしいのに。←試験に出ない?

次に私が、「荒城の月といえば?」と質問したら、「それ教わってない」と、あっさり。
まー、びっくり。日本の心なのに。
人生勉強が足りないわね>夢子。

試験勉強だって、人生勉強のうちのひとつよね。
まったくスルーする姿勢は、どうかと思う。



さっすが私の娘ね。
なーんて言わない! いくら私でも「一夜漬け」は、したもんね。


すーかすーか寝息を立ててる顔を見ながら、
叩き起こす気力も萎えた私は、そのまま捨て置きました。

普段の日常で疲れが溜まってるのは分かるけど、みんな同条件なんだぞ。
結果はきっと正直よ。 因果応報、おのれに返ってくるのじゃ。
そのとき、言い訳だけはするな、夢子。それだけは言っとく!


そういえば「中1の1学期が大切」って、誰かに進言してもらった気がするけど、
2学期まで延期してもらえませんか?  …無理よね。

夜食を作る母の図は、まだ実行できてません。そんな日は来ないかも~。




そんな夢子が撮った写真。試験前日にね。。
090625s.jpg
久しぶりの、キレイな夕焼けでしたが、
ブレまくりです。ピント合ってない。 ←まるで夢子のようだわ。


え、人のこと言えるのか? 
そうね、私も褒められた少女時代を過ごしてないけれど、
写真の「ピントだけは」夢子に勝てます。カメラのおかげとはいえ。

090625s (1)



090625s (3)


切ないわ、美し過ぎる夕陽も、緊張感なさ過ぎる夢子も(笑)。




最新エントリー