FC2ブログ

群馬県立歴史博物館

2009年04月11日 23:59

「群馬の森」の広大な敷地の中にある、2つの大きな施設。
どちらも、施設の充実度も花丸だし、イベントにも力を入れていて面白そうなの。

こちらは、県立近代美術館
090411g2 (1)

090411g2.jpg
磯崎新氏設計で、昭和49年の完成。中にはレストランやショップもあるの。
増築や改修を経て、今でも瀟洒な雰囲気を保っています。


そのお隣は、県立歴史博物館
090411g2 (3)

090411g2 (2)
大高正人氏設計で、昭和54年の完成です。
こちらはコチラの味わいが。周りの自然と馴染むよう配慮されてるデザインだと思う。



で、どちらにも入ろうと思っていた私ですが、
例によって拒否顔をする主人がいたので、折り合って、今回は歴史博物館だけ。
(やっぱ、こういう場所へは一人で来なきゃダメだわ!笑)

券売機でチケットを買い、ショップは見終わってから寄るとして、
案内カウンターで写真撮影のルールを再確認し(笑)、いざ、展示の順路へ。
つっても私と夢子は、もう何度も訪れているわけですが。


展示が始まる直前のスペース。私は好きな場所です。
明と暗。外と内。白と黒。 ここで、ボーッと座っていたくない?
090411g2 (4)

ふと、振り返ってみると誰もいません。
さっきまで後ろに居たはずの、二人はどこにっ?

いました。。。
戻ったところの、閲覧コーナー。 
そこの歴史書じゃなくって漫画ですね、二人が読み始めてるのは。
090411g2 (5)

私は決めました。この二人をここに置いて、一人で先に進もうと。
一緒にまわっても、かたや飽きて早足、私はじっくり見たいのに急かされるもんね。
「後から行くよ、それでもどうせ、すぐその辺で引っかかってるんだろ?」、
という主人の言葉は鋭かった。ほんとに追いつかれましたね、進んでないうちに。

館内の展示物を写しても、個人で楽しむ以外は出しちゃいけないので載せませんが、
ほんっとに沢山の、興味深い資料や造作物が年代順に、これでもかと…、
おいでになれば分かるからいいですね、割愛で(笑)。


マジメに見てたと思えば、ある銅像(?)のところで、モノマネを始める少女。
090411g2 (6)
おそれ多くない?(怖) でも形は、ほぼカンペキ。。

そして、武士の時代のとこで私が時間を食っていたら、また二人が消えてました。
おおかたの予想は、ついてます。

ほら!
090411g2 (7)
いくら、この日の館内に人がまばらだと言っても、失礼よっ。
休憩所で、ほんとに寝ちゃう人なんていないよね、ふつう。
バドミントン疲れかなあ、可哀相だから寝かせてあげ……違う違う、
主人のイビキは お昼に飲み過ぎたビールのせいよ、間違いなく。

ここの休憩所はね、表からは見えないけど、中庭に面していて、
こんな風景が拝める隠れポイントだっていうのにさ(違?)。
090411g2 (9)

090411g2 (10)
深ーーい軒が、いい感じ♪ 置いてあるのは土器かしら。民具かしら。
(二人のことを考えるのを、やめようとする私)


ウソ寝だったのでスグに私に付いて来た夢子と、残りの展示を見て、
このポイントに着きました。
090411g2 (11)
ここはスタート地点。つまりゴール! …終わったよ、もう。

夢子は仕方なく、気を利かせて、来た順路を戻ってゆきました、主人を起こしにね。
私が行ったら公共の館内で騒ぎになり、出禁になるやもしれません、夢子グッジョブ。
だから入館する前に、「車に戻って寝てていい」って言ったのに。

そうそう。出口のとこで、ショップに寄らなきゃ。色々物色しなくちゃいけない私と夢子。
その頃、主人は、ひとあし先に外に出ていて、芝生のとこのベンチでまた横になり…。
ハマらな過ぎる主人と、ハマり過ぎる私。
夢子は、その中間くらいの両親が欲しいって思ってるかもね(笑)。

ここの展示は、資料も多いし、ほんとに丁寧に、よく作りこまれてるので、
私は何度来ても楽しいですけど、ま、個人差ですか?
最近は私、ここの聴講まで興味が出ちゃって…、ええ、一人で行きますよ勿論!


スポンサーサイト



自然食バイキング

2009年04月06日 23:59

群馬では、郊外型大手スーパーという形態から、
大型ショッピングモールへと流行が移りつつあるようです(笑)。
入ってる単独ショップやフードコートの飲店を合わせた数を、競い合ってるような。

過日は、夢子との買い物あいまに、洋風バイキング。
今回は、別のモールでの買い物あいまに、自然バイキング。
たまになの、外は。←いいわけ。
そして夢子がお店を選ぶの。今ほんと欲旺盛ゆえ、べ放題に弱いのね。。


オーガニックを少しずつ♪ 体や心に優しそうじゃない?(笑)
090406k (1)
ま、何にしても「べすぎ」たら良くない気はするけども。
画像のは私のお皿。夢子のは、「大盛りずつ」で乗ってます。
飲み物や汁物、デザートも、ちゃんと揃っていて、もちろん、それらも。


那須高原のカフェでも使っていた、木のプレートがイイ感じ。
ショップでも売ってますよね(けっこうな御値段で)。


女性が好きそうな雰囲気の、この自然食のお店は、前橋「けやきウォーク」のなか。
店名は、忘れちゃいました♪
090406k.jpg


素朴な材料を使って、濃くない味付け。こじゃれたお惣菜って感じです。
時間帯にもよるでしょうけど、できたてほやほやの料理もガンガン並べてくれます。
ちょっとずつ色んなメニュー♪ 理想だわ。ウチにもシェフが欲しい(違?)。


前橋ばら園の春

2009年04月03日 23:59

平成20年3月29日にリニューアルオープンした、ばら園。
ばら園!って言い切るだけあって、ほんと、バラだらけ。
今では600種 7,000株ものバラが植栽されているそうよ、開花の時期は圧巻なの。
イングリッシュガーデンや温室、展示スペースもあってね、勉強にもなる。

こちら、温室に咲いてたバラ。
中のほうだけピンクなんて、どうやって作るんだろう(笑)。
090403b.jpg
名前は…ごめんなさい、見てこなかった。

バラは、ネーミングにも物語やエピソードがあって、知ると面白いですよね。
育て方も難しいし、お高い植物だから、ハマるととっても面白いらしいですねー(笑)。

展示スペースでは、独特なアレンジがあちこちに。
090403b (1)


090403b (2)


090403b (3)


090403b (4)

枯れたような、でも枯れきってはいないギリギリのところで止めたような色合いと質感、
それがシックで、不思議と上品さもあって、見とれました。
こういうのってさ、センスなのよね、作る人が作ると、こうなるのよね(憧)。


ちなみに園内には、糸の町として栄えてきた前橋市ならではの蚕糸記念館とか、
群馬ゆかりの詩人、萩原朔太郎氏の生家を移築した記念館もあるの。
良い子は必見よ(笑)。


ばら園を含むこのエリア、私は前橋で一番好きで、用事もあり、時々訪れます。
利根川が広々と流れていて、視界の抜け感が好き。
さちの池公園、敷島公園、公営ゴルフ場の大きな緑地が続いて、
県庁舎やグリーンドームなど(県内では)ビッグネームな建物が幾つもあって、
古き名店とか、カフェも多いしね。
朔太郎にちなんだ名前の「朔詩舎」というフランス料理店は、公園の東南ね。

話がそれたけど(笑)、薔薇園でもバラ園でもなく、前橋ばら園。
こちらは年中無休。おつかれさまです。
ご興味ある方は、ぜひ♪  良い時期に、どうぞ。


美味しいもの巡り便乗

2009年02月23日 23:59

2月22日(日)、午前9:30~10:00、
テレビ朝日で放送された「~にっぽん菜発見~そうだ、自然に帰ろう」という番組。
ホンジャマカの石塚英彦さんが、群馬の美味しいもの巡りをするというね。
日曜もお出かけしてたので、録画予約しておいたの(笑)。

最初は「焼きまんじゅう」。
おそらく原嶋屋さんだろうと思ったら、ビンゴ。ご主人はもうテレビ慣れしてますね。
あんこなしの定番、4つ串刺しを一気にパクついていた石塚さん。
「まいう」が本心なら(笑)、県外の人の味覚でもオイシイのかも!(希望の光)

次は「伊勢崎もんじゃ」。石塚さんが食べたのは「あまから」もんじゃ。
カレー粉が「から」で、イチゴシロップが「あま」(笑)。…悪いけど意外とイケるのよ。
でも私は「から」ベースで、ベビースターのトッピングが好きですが。

次は赤城山の南麓に位置する豚専門の牧場「とんとん広場」での、
農場レストランの名物「豚しゃぶ」。ストレスフリーで育成されてる「福豚」が有名。
群馬は、なにげに豚の産地なの。一概に「上州豚」って言うけど、銘柄は30種類ほど。
「上州牛」ってのもあるはずだけど、訪ねることはなかったもよう。

で、明治時代の近代化の象徴、富岡製糸場を ちょっとだけ訪ねたり。
世界遺産に登録されるか否か、群馬にとっては大きな「賭け」なの。

次に石塚さんが訪ねたのは名産シイタケの里。(私は、きのこの山派)
肉厚で傘がしっかりしてて旨味たっぷりのシイタケを和洋のメニューで食べちゃう。
締めには、そこのご家庭で作ったという群馬名物「おっきりこみ」うどん。
「まいう~」も連発されるというもの。
下仁田ネギやコンニャクも有名ですが、今回はスルーでした。

番組としての締めは、山から見下ろす景色が素晴らしい妙義山の露天風呂。
赤城山の中腹にも絶景の公共露天あるけどね。
ナレーションの最後が「意外と」群馬いいとこですね、的な。 失礼だわ(笑)。
それにしても石塚さんは真冬でもノースリーブで二の腕まるっと露出。恐るべし。






奇しくも放映同日。私と夢子も、ぐんま美味しいもの巡りしてました。

じゃじゃん。
090223 (1)
ひそそかちゃんに教えてもらったセキグチのイチゴ。噂どおり、「大きくて甘い」!
輪郭がはっきりしてて粒々も見事で、とっても美しい苺。うぶ毛までしっかりしてる。

こちらは、粒の大きなタイプ。すっごい立派。なんとLサイズの卵より大きい(笑)。
090223 (3)

大きいと味が薄くて大雑把なイメージあるけど、セキグチブランドは違った。
ただ甘いんじゃなくて、熟成されたような不思議な甘さ。
たくさん買ったからか(笑)、手作りジャムまでいただいちゃった♪、ラッキー♪

この可愛らしめのイチゴ柄、箱にも看板にも、店内の壁紙にも使われてました。
090223 (5)  090223 (4)
恐るべし、トータル戦略。美味しいだけじゃ、ないのね。
ありがと♪、ひそちゃん。家族も、配った知人も大感激だったよ。






ランチタイムには、最近食べてなかったインド料理のお店へ。
夢子が高学年になって、やっと多少の辛いものを食べられるようになったの。
とはいえ、私たち二人、辛いのダメ+猫舌ですが(笑)。

インド料理、太田市の「モティ」さんもイイけど、
前橋市なら「ニューデリー マムタージ」さん。
090223 (6)

系列店が幾つかあるけど、こちらは郊外で駐車場も店内も広くて、入りやすい。
インテリアがね、またいいの。アジアな装飾や調度品でしつらえられて、インド気分満点。
塀を彩る中東チックな絵も、本場の人の手描きなの。だって前回、現場を見たもん(笑)。
090223 (8)

混んでいたのでキャッシャー近くで待っている間、ガラス張りの厨房では、
本場インドのコックさんが ナンを回したりサーベルでチキンを焼いたりしてて、
目が合うと気さくに手を上げてくれたりニカッと笑ってくれるの。
夢子は「ここのコックさんたちは、いいひとねー♪」っていつも言う(笑)。
笑顔は万国共通ね。

何度か お邪魔してるけど、2階席は初めて♪
1階席よりコンパクトで、全体ちょっとだけチープな分、キッチュなアジア感覚(笑)。
090223 (10)  090223 (9)

1階のほうが色々あちこち凝っています。見入るのも楽しい。
せっかく「外食」するならば、こういう「雰囲気」も、家とは違ってほしいもの。
(昼間は陽光がちらちら差し込んで、夜は暗めのライトアップで大人のムード)

女2人なので食べ切れないとイヤだから、セットメニューをオーダー。
カレーは4種。スパイシーなタンドリーチキンやサフランライス、サラダ付き。
090223 (12)

焼きたてナンは、おかわり自由です。してないけど。
090223 (13)

辛党でない私達には、辛さを和らげてくれるラッシーは(笑)、必需。
デザート盛りのマンゴープリンは私が、マンゴーアイスは夢子が完食。
090223 (14)  090223 (15)

店員さんは若い女性ばかりで、全員それぞれ違うサリーを着てて可愛いの。
夢子は「ここでバイトしたい♪」そうです。 がんばってね。






そして、なにげなく横を通過したのは、こちら(笑)。
ほんとに近くに用があって通っただけなの、
いくら好きだからって、わざわざ訪ねたわけじゃ…。でも写真は撮っておいたの。
090223-.jpg  090223- (1)


さらに道中、私の前を こんな車が走ってたりして。
090223- (2)
見にくいでしょうけど、ドナドナ黒豚ぎゅうぎゅう積載バージョン。
彩の国って、思いっきり埼玉じゃん。。 おーい、上州豚はどうした!(笑)






さて、その夜。 たまたま私が作ったのは「おっきりこみ」という郷土うどん(笑)。
090223+.jpg
(写真とってないので、かわりの画像)

ちょい幅広の麺を、たっぷりの野菜と一緒に 煮込み倒すの。
激辛のあとなので、胃にも舌にも優しい感じで。
ほんとは里芋がデフォなのですが、なかったのでジャガイモ。
あとは野菜室の色々を刻んでは がんがん入れてですね(笑)。
カマボコorナルトのかわりとして、ちくわ。ちょっとだけ上州豚のバラ肉も。
ドナドナぎうぎうを見たときは「かわいそう」なんて言ってた夢子も、豚肉は好き。

冒頭のテレビ録画を見ながら、
「おっきりこみ同じだねー♪」って満足しつつ、はふはふ取り分けて食べました。
一日でロケしたのかな、結構あちこち飛んだよね、なんて夢子と言いながら(笑)。


朝から晩まで一日じゅう、どっぷり地元気分。
あ、、そうでなくても常に、哀しいほど地元気分なんだった……(涙)。
どっぷり過ぎても良くないのよね。
 
 
そうそう。 テレビ朝日 「ぷっすま」では、3月3日と10日、
2週にわたって「スケ日帰りアルバム旅行in群馬」を放映予定らしいの。
録画するかどうかはまだ未定ですが、いちおう(笑)。>愛県家のみなさまとか。
 
 

草津温泉くすりのいで湯

2009年01月05日 17:11

群馬県で自慢できるもの。 そうね、豊富な温泉?
こちらにお越しの際は、ご一報を。 知りうる限りの情報、横流ししますよ(=゚ω゚)ノ

090103kusatu.jpg


 
1月3日、家族で温泉地 草津へ向かいます。
往路まったく雪の気配なし。お天気もよくて景色も和やか。
090103kusatu (1)

 
草津町に入る直前で、ようやく銀世界。
海も雪も、見えた瞬間に急にテンションあがりません? ←子供か。
今年初の、雪。 初のマイナス体感。さぶっ。
090103kusatu (2)


自宅付近は年間ほとんど降雪しないので、雪を見ると はしゃいでしまいます。
雪だるまって描くものだっけ? ともあれツララの美しさは絶品♪
090103kusatu (20)  090103kusatu (22)



草津の象徴・湯畑。 硫黄の匂いと湯煙が充満して、旅情満点のスポットです。
昼間より夜のほうがオススメ。今ならもれなくライトアップ増量中~。
090103kusatu (4)  090103kusatu (5)


タイトルは、上毛かるた「く」の読み札。
絵札といえば、この灯篭。 すみません、ローカル色が濃くて(笑)。
P1120136.jpg  く 草津よいとこ 薬の温泉
 ↑ こんなの嬉々として作っちゃった。全札制覇したいな、それも夢♪


湯畑源泉は、超高温・超強力な酸性湯。浸けると、1円玉なら1週間で地球上から消失。
念のため、こんな看板も。 誰かが置いた1円玉のようにペラッペラになっちゃいますよ。
090103kusatu (11)  090103kusatu (10)
草津よいとこ一度はおいで、それは湯もみ唄ね。
何度も揉んで柔らかくしないと、ヒトが入れる お湯にならないそうで。
風情ある湯もみショーは、湯畑前の「熱の湯」で見学・体験できます。


こちらは湯畑に隣接する無料共同浴場、「白旗の湯」。そして降る雪。
090103kusatu (13)
草津には、こうした小さな共同浴場があちこちに点在してます。
有料の浴場も幾つかあって、オススメは西の河原・大露天風呂。
プールを思わせる巨大さで、景観も良いの。お土産話になりますよ。

湯巡りも楽しいけれど、草津はどこも湯温が高め。熱いけど水を足すと怒られます。
我慢してこそ手に入る薬効&ツルッツル美肌。


わが家的に、数少ない3ショット。娘もすくすく成長してます(笑)。
090103.jpg



通り道に突然出てくるメカチックな光景。
吾妻渓谷をつぶす予定の土木工事。ほんとに今も、このダム必要なのー?
作れないものを壊すな、って どなたか言ってましたよね?
090103kusatu (19)



草津への往復に寄るのなら、長野原町の浅間酒造観光センターさん。
090103kusatu (14)  090103kusatu (15)
1階右奥の食堂カウンターでひっそりと売っている甘酒が、美味です。1杯100円。
甘すぎず、こっくりしてるのに後味さっぱり。
酔いが回るほどなので、運転の方は酒粕を買って、家で作ってもらってね。


おかげさまで、ゆっくりのんびり。そしてほこほこに温まってきました。
あまり持ってない英気を、養えたことに感謝♪


1月7日には、草津「熱の湯」で七草粥が ふるまわれます。
当日は湯もみ体験も無料だとか。 ご興味ある方はどうぞー。


「この記事は当初の文面と似てるけど、違ってます。アクシデント発生につき。゜(p>Åq)゜。 」
 
 

あじさい寺・泰寧寺

2008年07月16日 23:59

「たくみの里」の奥に位置する、曹洞宗・泰寧寺(たいねいじ)。
わりと名が知られているのに、
いい意味で、商業化・観光化されていない実直な お寺さん。

里山に囲まれて自然も自然のまま残されて、お寺全体の風情にとても心惹かれます。
こういうお寺、大好き。

1309年の開山から700年近くも歴史があって、由緒も正しいの。
途中、寺子屋を運営したり、なにかと地域貢献にも心をくだいてきた様子。


080716t (2)
駐車場前は、こんな感じ。もうすでに素朴で実直。


080716t (3)
石造りの橋を渡ると、奥に見えるは山門。
両脇には、初夏に鮮やかであろう紫陽花や、秋には紅葉が見事であろう木々が。

この山門、県の重要文化財です。
080716t (5)
くぐって石段をあがって、振り返って写した姿。

この山門は色づけが極力おさえられて、歴史を重ねた木の素地がイイ感じ。
080716t (9)

静かな外観と違い、天井には極彩色の鳳凰や天女たちが描かれています。
(見たい人は現地へGO)

ここに私がアップするのは、天井画の中の龍♪
この龍だけモノトーン。  好きだからって、龍龍、うるさい?(笑)
080716t (7)
この龍は、お年を召しているように感じます。分別あるよね、悪さはしないよ、みたいな。
…えっと、まだ山門でしたか(笑)。


さらに石段をあがっていくと、見えました。鐘撞堂。
080716t (10)
計算されたような形。 この屋根を何百年も支えてる造りが、まずスゴい。
昔の職人魂を垣間見る気がします。


本堂や庫裏(くり)に通じる玄関。
080716t (11)
なんでしょう、この たたずまい。
無駄な華美さは一切ないんだけれど、丁寧で堅実で、信頼がおける感じ。
村人に愛され続けてきたという歴史も納得の親しみやすさと、でも静粛な威厳と。


褒めすぎですか?
えーー(笑)、、私、ほんとにイイと思うものや人は、称えたいです。遠慮せずに。
そうそう。須弥壇(しゅみだん)や欄間も、県・重文。一見の価値ありです。


あじさいの名残りも、見られました。
080716t (12)

080716t (13)
ここね、ホタルが乱舞するそうで、名所にもなってます。
時期がちょっと遅かったので、夜まで居ても見られなかったと思いますが。


080716t (15)
山寺、というほど険しく分け入ってくわけではない場所なのに、
山寺の雰囲気たっぷり。春夏秋冬、それぞれの景色も絶妙でしょうし。

こういうお寺さんって、良い住職さんがいらっしゃる。
因と縁、なのかな。
 

群馬サファリパーク

2007年09月22日 23:59

娘が入園前のチビ子で 私が専業主婦だった頃、
年間パスポートを持って、二人で足しげく通ってました。
飽きないよね、動物を見てると。


070922-.jpg




070922 (1)



070922 (2)



070922 (3)



070922 (4)



070922 (5)



070922 (6)



070922 (7)



070922 (8)



070922 (9)



070922 (10)



070922 (11)



070922 (12)



070922 (13)



070922 (14)



070922 (15)



070922 (16)



070922 (17)



070922 (18)



070922 (19)



070922 (20)



070922 (21)



070922 (22)



070922 (23)



070922 (24)



070922 (25)


ね、いろいろいるでしょ?(笑)
草食動物ゾーンでは、エサやりもできますよ。
いい車で行かないほうが良いかもです。
たまに、何ものかが体当たりしてきたり、足を乗せてきたりしますから。


猿を撮れなかったのが残念です。
落ち着きなくって、すぐ移動しちゃうんだもの、さるー。
 
 


小泉稲荷神社

2007年07月24日 23:59

商売繁盛の御利益が高い神社として有名です、県内では。
テレビ取材も されてるもよう。
この界隈の社長さんが詣でる神社、といっても過言ではない。かも。

近くを通ったので、まだ行ったことのない娘を案内しました。

070724 
おびただしい数の鳥居、その朱赤の迫力に、最初は気迫負けしていた娘。
なかなか くぐろうとしません。 小心過ぎやろ。。


070724  (1)
こま犬ではなく、おきつね様。 統一(?)されてますね。


070724  (2)
この屋根は社務所(笑)。
本堂?、ここの本堂にカメラ向けろっていうのー?


070724  (3)
何かの文化財になってると思う、龍の手水。
思いっきり脅かしてくるような龍が、龍っぽくて好きです。


070724  (4)
あっ、キノコ発見! なんか、なごんだ(笑)。
「食べられるのかなー」と言ったら、娘が「お願いだから、もがないでっ!」と。
そんなに怖いか?…、でも確かにバチがあたると困るので、そのままに。


070724 (6)
ビビる娘を私が茶化すので、「じゃあママは夜ここに来られるの?」と聞かれました。
…無理です。


そうそう。この日は撮るの忘れたけど、「大鳥居」も有名。
080828 (9)


で、お約束の おみくじは、
070724  (5)
二人とも、またまた大吉。 この神社も、好き♪(笑)
 
 

伊香保:ホテル木暮さん

2006年11月23日 23:59

宿が多い伊香保温泉で、「間違いない宿に泊まりたい」ならば、
私はこちらをオススメします。

大浴場はほんとに広くて、何種類もの浴槽が用意されてて満喫できるし、
岩盤浴も脱衣場のすぐ隣にありますし。


食事も間違いない。 目でも舌でも満足できちゃう。器もイケてる。
お部屋で ゆっくりくつろぎながら食べられるのも、いい。←部屋によります。
061123  (1)


061123 
部屋風呂があるコースなんて始めてだったのに、奮発したのに、
ワケあって(笑)、ここには入浴できませんでした。眺めただけ。無念。
でも、遊べる大浴場へは朝晩いきました。

 
「温泉宿らしい旅情ホテル」、それが木暮さんです(笑)。 
友人も娘も、たいへん満足してくれました。 


追伸: このお部屋は、カップル向きかもしれません。。
 
 


最新エントリー