スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛もだんだん縮小化

2010年03月03日 23:59

小さきもの。
「かわい~♪ しかもお手軽~♪」って感じのミニサイズに惹かれます。最近、特に。
(しまうのも出すのも超簡単) (自分が拡大化してた反動…だとしたら苦笑)


これも。

P1290974-+.jpg


用事で行った某雑貨屋さんで目にとまった、最後の1個=福。
お天気が良かったので外に出してあげたり、遊んでみたり(笑)。


P1290975-+.jpg



小さなお雛さまが玄関や棚の上なんかに飾られてるのも、微笑ましくて好き。
きちんとした一式が堂々と鎮座してるのも、それらしくって好き。

お雛さまやX’masグッズって、隙あらば一年じゅう、気になりませんか?…



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなの見つけました。


『おひなさまの描き方 How to draw the MIKADO dolls』


→http://www.youtube.com/watch?v=PvEXKAePhIA&feature=player_embedded

可愛さと、親切さ・手早さがイイ! 他にも端午とか梅や桜や朱竹とか、
やくにたたない猫のかき方とか(笑)、「描いてみましょうシリーズ」があってね。
とっても素敵。生き生きしてて味があって優しい。癒される。かっこつけてない感じ。
大好きです、こういうの。 (さかいほういちさん、という方らしいです)



こちらは王道路線。 『うれしいひなまつり』


→http://www.youtube.com/watch?v=yoFPm5sfz_8&feature=player_embedded

「春の弥生のこの佳き日~」 例の歌に乗せていろんなタイプの雛人形が出てきます。
いま飾ってなくても、気分満喫できますよ♪、まったりと。


スポンサーサイト

寄り添って立春

2010年02月04日 23:59

まだまだ冷えますが、どこかでひそかに、春は始まっています。

我が家の薄紅色の乙女椿は、今年は花をつけてくれないけれど、
あたりを見渡せば、近所の屋根の上で、春風を感じているスズメ発見(笑)。

100204.jpg

寒そうに、ふくらんでました。 もうすぐ、あたたかくなるよ。


2010. 豆まき節分

2010年02月03日 23:59

去年のプレッシャーが嘘のような、なんの用事もない気軽な節分♪

100203(1).jpg


夢子の帰りと夜を待ちわびて、さ、まくわよー♪


福は~うち~、福は~うち♪

100203(3).jpg

夢子が折った鬼が可愛かったので、鬼はソト封印です(笑)。
ていうか、鬼は居ていいの。我が家の場合。


ちょっと太くなりすぎちゃって、べるのに すっごく時間かかった恵方巻き。。

100203(4).jpg

もぐもぐもぐ…。  目で、「これ、終わらないよー」って訴える夢子。
そうね、酢飯も具も入れすぎたの、、
その分、お願いゴトをいっぱいしようよ。  あ、しゃべっちゃった。。


後には豆をべ、さらにデザート → 「恵方コロン」。 べ応えたっぷり。。

100203(5).jpg

正直、満腹を超えちゃいました。 豆もたくさんべなきゃいけない年頃だし!


明日は立春♪  なんとなく浮き立ちますね。


寅年・初市・福だるま

2010年01月11日 23:59

今年も無事に買えました。 初市だるま。

100111 (4)

初めて、自分のダルマさんがほしいと言い出した夢子。初市で初買いね。
色の意味も知らずに、
「ピンクの! 濃いピンクじゃなくって、キレイな薄いピンクのやつ♪」
それを耳にした売り手のオジさんが大勉強してくれました。
隣のテントで買った私の白だるまと、ほぼ同じお値段。

サッカーボール大の初だるまを、両手で大切に抱えて歩く夢子。
ほんとはミニミニサイズでよかったらしいのですが、オジさんのご好意のおかげです。

私は例年どおり、運の良さげな明るそうなオジさんから買いました。
「トラ年だから黄色も売れてるよ」と言われたので、白いだるまに。
だって、トラといったら「西の白虎」でしょ?(笑)


酉の日なので、目入れも完了。
夢子だるまは、どこに置いてもこっちを見ているような気がするの。片目なのに。
怖いので、二人して置き場に悩みました。



七夕や夏祭りより沢山の露天が並んで、人の出もそこそこ。

100111 (1)100111 (2)
ピンボケは、わざとよ(笑)。


大きな達磨を買っている人を見たら、なんとなく嬉しくなりました。
祈・景気回復!


来年は、本来の真っ赤な達磨にしようかな。


来年ね、人日の節句

2010年01月07日 23:59

夢子が通う塾の近くに、激安スーパーがあるんです。

売り場も狭く、扱い品目も少なく、装飾ゼロ。 そんな潔さが低価格に反映されてるのでしょう。 
回転率がすっごく早いため新鮮だし、好感もてるので時々利用します。

遅い時間に行くと、いちごコーナーに3パックしか残ってなかったり売り切れだったり、
イカの塩辛もバイヤーの好みなのか2種類しかないけど私の好みとは合ってるから無問題で、
豆板醤や芝麻醤やバジルは見かけるのにローリエやパプリカはなくて、
ハナから見切ってるのかイーストやお菓子作りの材料は常に置かない方針らしく、
なんていうか、おもしろい品揃えのお店です。

柔軟剤も3種類くらいしか並んでないのですが、なぜかダウニー(大)は置かれていて、
でもダウニー小中サイズや違う香りのはなく、あくまで「AprilFreshの2リットル」、1種のみ!
界隈では598円で売られているのに、498円で買える安値の穴場でもあるの。
その1種だけ特別ルートでもあるんだろうか。

ね? 不思議でしょ?(笑)
しかし、お店の紹介をしたかったわけではないのです。



どうしても1月7日に用立てたかった「春七草」まで置いてないなんて!
1年でその日1日しか需要がない野草だとしても、そこまで潔く切り捨てるなんて!
ほどがあるよ、ほどが!



新鮮さを期待して行ったのに裏切られた私は、すぐさま他のスーパーに急ごうとしました。
すると一緒にいた夢子が、言うんです。
「七草が欲しいのはママだけでしょ。夢子はいらないよ。ココで買いもの済ませようよ!」

七草粥を好まないからって、なにその毅然とした命令口調。

「七草が欲しいのはママだけ」、、核心をつくわね。。
まるで私の、わがままみたいじゃない。。

「じゃあ、なに食べるのよ…」 チカラなく言う私に、「麻婆豆腐♪」と元気のいい答え。

あ、そう。。
そういえば、豚ひき肉は 410gで320円。お豆腐も激安だったわ。。
豆板醤も置いてあるのよね、七草を置かないで中華調味料は充実してるのよね、なんなのよ!
どう考えたって、芝麻醤や紹興酒より七草のほうがメジャーでしょうに!

……ええ、無駄な抵抗は やめました。。



七草のない『人日の節句』。  私は涙ですが、夢子は満足げです。

私のパソコンでさえ、「じんじつ」と打っても変換すらしてくれないの。
辞書登録? 意地でもしないわ。
いつからこんなにマイナーになっちゃったのよ、尽日…うわ誤変換、、だから人日!


仕方ないので、焼きネギを刻んでご飯に混ぜて、なんちゃって七草風ごはんに。
「らしい」ことと言えば、夢子が初ツメ切りしたくらいでしょうか。
あ、あと おしるこ食べました。←人日とは無関係。


100107 wakana

今年初の節句なのに、風流さもゼロだったわ…
来年は、ひとりで買い物に行こうと思います。もっと大きなスーパーへ。


終わり そして幕開け

2010年01月01日 15:15

区切り、って好き♪  邪念の多い私でも、リセット気分を味わえるから。
丑年の最終日は、「懸念事項」を片付けてスッキリ新鮮な気分で新年に移りたい!

まず、夢子や主人に対して、「思うこと」を言わせていただきました(笑)。
溜まったまま持ち越したくなかった色々。 すべてが解決したわけじゃないけども。

そして家族が紅白とガキつかを交互に視ている頃、私は腕まくりしてキッチンに。
いえいえ、おせちではなく、、最後のお掃除です。
コンロやシンクや排水溝をピッカピカにする作業は、無の境地。
いい汗かいて、「あー、やりきった♪」という爽快感。 はてしなく自己満足。



そして0時前、冷え込む道をトコトコ歩く私たち。
いつもなら寝静まって真っ暗な道筋の家々に、煌々とついている灯りが大晦日っぽい。
どこかで打ち上げ花火が数発あがって、遠くから暴走車とパトカーの音(笑)。
準備のいい夢子から、「はい、ママの分」とホッカイロを手渡され、手袋をはずす私。
持参した懐中電灯がいらないほど月光が明るく足元を照らし続けてくれて、
見上げた夜空には去年よりもたくさんの星たちがキラキラしてました。
091231(1.jpg

いつも二年参りする神社でなく、別場所に向かったのは夢子の意向。
列に並んで、除夜の鐘を突いてきました。 夢子と私、二人でひと突き。
091231(2.jpg

冷気を伝わって体の芯まで震わせるような荘厳な低音が、尾を引いて、ひととき響き渡って、
「清らかになった気がするー♪」と言ったら、近くのおじさんに笑われてしまった。
外見と合わない↑セリフでした?

薄味の甘酒を夢子の分も飲み干して体をあたため、あたりを見渡して雰囲気に浸り、
夢子は、新年早々会いたかった人に会えて上機嫌(そのために行ったようなもの)でした。


帰り道、「初笑い、意識しないうちにいっぱいしちゃったね~」という夢子。
お♪ そういえばそうね、新しい年が笑いから始まれて良かったーー。
(できれば初夢は、富士と鷹と茄子と宝船まとめて無意識にみられるといいな♪ ←初欲)





やってきました、2010年

元日は、朝から気持ちよく晴れましたねー。

100101(1.jpg

大好きなお雑煮なのに、おモチ2個で我慢したのはデザートのためです。
100101(3.jpg

おわんの蓋についた水滴を見つけて、私と夢子はおんなじことしてました。。
100101(2.jpg
お箸で字を書くなんて、行儀わるっ(笑)。




ミレニアムどうたら言ってたのが もう10年前だってことに、感慨を覚えます。
この10年で得たもの、なくしたもの、変わったもの、起こった出来事、
すべてが必然だったなんて達観はできないけれど、10年分の血肉は確実に増えたはず。 
今年は、脂肪も含めて要らないものは捨て去って身軽になっておきたい所存です、
次の10年に向けて。


Welcome寅年。 
P1280756-.jpg
「そんなの撮るの? どうするの?」と訊かれたのですが、このロープがトラに見えたのよ。。
さすがに年賀状に使うのは自制しましたケド(笑)。


みなさまも我が家も、笑福の多い1年でありますように♪
今後ともよろしく御願いいたします。 良い冬休みを!


2009. クリスマス

2009年12月24日 23:59

MerryChristmas

みなさまも、楽しいひとときを お過ごしになったことと思います。
サンタさんは、来てくれました?


091224.jpg

ここしばらく持病が悪化して寝こみがちだったのですが、まわりの手助けのおかげで、
なんとか無事に クリスマス「らしい」ことをクリアできました♪
できないと、自分もさびしいし、夢子への申しわけなさがつのって、、ほんと困る。

091224 (2)  091224 (1)

節目って、ひとつ迎えるごとにワクワクして、ひとつ終えるたびにホッとしますよね。
それにしても、1年って早いわあ。



夢子が6歳の時の、クリスマスイブ。
そっと置いといたプレゼントを発見したら夢子はきっと大喜び、…だと思ってたのに、
開けた途端に半泣きになって、「サンタさん、まちがえてる~。夢子が頼んだのとちがう~」って。
ち、ちがう? そんな。。
「これは他の子のだから、すぐサンタさんに返してあげて」とか言われましても。。
その話が毎年蒸し返されるので、はじめのうちは照れ臭そうに「うふ」って笑ってた夢子なのに、
今年は「はいはい、すみませんねー、なにしろ子供だったもんで!」って。 なにその怖い言い方。

そして夢子10歳の冬。
「おまえ、まだサンタ信じてんの?ばっかじゃねー? 親だよ、親」と、○○くんに言われた夢子。
余計なことを!と思ったけれど、世間さまって容赦ないのね。しかたなく私は、
「○○くんちはサンタさん来なくて親が代わりをしてるのかもね。うちはサンタさん来るから♪」
ごまかして、うまく逃げ切って、無事にクリスマスも済んだと思っていたら、
毎年プレゼントに同封しているサンタからの手紙を持って夢子が、「ママの字だよね?」と。
「ピンクのボールペンとか、このシールもこのシールも、ママ持ってたよね?」と、たたみかけられ。
そこで言葉に詰まって目が泳いだ私を見て、「ああ、やっぱり親だったんだ」と悟ったそうです。
サンタぶって手紙なんか書いたり、激しくデコるんじゃなかった。 余計なことを!>自分。
その話を毎年蒸し返されると、はじめは苦笑いしてた私も、今年はさすがに「あー、はいはい!」
 
もっとロマンチックなイブの思い出とか、もう作れないのかしら。。

( はい、ここで山下達郎さんのクリスマス・イブを脳内リピートしている私 ) 




夢子も中学生になったし、今年のアドベントカードは ちょっとオトナっぽいのを探したの。
11月終わりにゲットして、その日のうちに、、全部の窓が開けられていました。。

091224 (3)

いや、あのね、、夢子に手渡したら、目を輝かせて「早く、見た~い♪」と言うし、
窓の中でどんな光景が繰り広げられてるのか、私も見たくなって見たくなって。
悪魔にのりうつられたのね、私たち
「じゃあ、1から探そ♪」、「順番ね、ひとり1こずつ♪」って、和気あいあい。
気がついたら、すっかりアドベントの意味がなくなっている始末。
最後の教会のドアを開けて見ちゃったとたん、二人に襲ってくる罪悪感。 おお、神よ。。

091224 (4)

来年は「我慢」てものを覚えないとね。 ←去年も言ってた。←根本的にアドベント不向き。




家のまわり、半径5kmくらいの地味めな地域をウロウロしている私は、
この時期といえど、きらめくイルミネーションスポットとは全く無縁の世界に居ます。
木々が葉を落としきって冬支度を始めたとか…その手の「季節感」には、コト欠かないけども。

スケジュールがいっぱいの夢子のおかげで、きらびやかな遠場にも出かけられず、
私の体調もあって、今年のクリスマスシーズンは地味…いえ、落ち着いた感じで過ぎていきます。

忘年会もパスしちゃったし、次の楽しみが待ち遠しいわ。
もう~い~くつ寝ると~、お正月~  多分、6晩くらい?  …ひゃー、もうすぐじゃん。。


2009. 十五夜

2009年10月03日 23:59

見、お見♪ 十五夜です。

091003m (1)

テーブルランナー代わりにしているのは、手ぬぐいのウサギ
常備してある「だんご粉」で(笑)、見だんごを私がせっせと作っている頃、
夢子は一足早く お見をしておりました。。

091003m (11)  091003m (12)

風邪でね、おでこに冷えピタ貼って毛布にくるまりながら、春休み以来の「まち森」。
毎年 変動する十五夜の日、ちゃんとデータに組み込んであるのね、
あなどれないわ、このゲーム。 きちんと「三宝」に乗っけてるし。
余談ですが、相当ほおっておいたのでゲームの子はすごい寝ぐせ頭になってました。



そうでなくても見が楽しみな私、この夜の天気を案じていたのですが、あいにく厚い雲。
それでも ほんの時々だけ、顔を出してくれた お月さま。

091003m (10)

091003m (7)

月に むら雲? 十五夜おつきさん雲のかげ?
これはこれで風情のある月見、ということにしておこう。

月光って神秘的よね。 たまに紫色に見えたりして。
091003m (8)



夢子を病院に連れて行ったり、なんとなく私もうつされたりしていて、
すっかり諦めていたのです、月見の友ススキをとりに行くのを。
今年はあの場所に生えている、って下調べはしておいたのに。

でも届きました♪ 欲しい欲しいと念じていると(笑)…、いえ、ある方のご好意で。
わーい。 やっぱり「本物」があると雰囲気がググッと上がるもん。

091003m (5)

味がついてない おだんご、この度はツブあんでいただきます。
べ切れなくて残ってしまった6個は、夢子が串に刺してくれました。
「みたらし」にしろ、と?

091003m (6)

こうして見ると、いくつか いびつだわ。。
おだんごって、丸める時の精神状態が出てしまうと祖母に言われたことがあります。
優しい気持ちで、ま~るく、ま~るく。 してたつもりだったんですけども。


の名月は、芋名月。 あいにく里芋も入手してなかったのですが、
さつまいもがあったので代用。 ほくほくで美味しかった♪ …アバウト過ぎ?


九九救急と重陽の節句

2009年09月09日 23:59

ちょっと前に、私の「手ぬぐい額」を模様替えしておきました。今日のために。

090909  (3)


どちらも、菊の柄。
090909  (4)
私は、左が お気に入り。
手先が器用だったら、ブックカバーかランチョンマットにしちゃいたいくらいです。
(直線縫いだけどね…)


季節感をあらわしてるつもりの手ぬぐい、それを変えると夢子はすぐ気づくので、
「菊節句の気分でしょ~」って こないだ話したばっかりなのに、
「今日は、なんの日だー?」と聞いたら、もうすっかり忘れているようで、
「救急の日! 学校で言ってた~」と、期待はずれなアンサーが返ってきます。
そうよ、救急の日よ、九九の日でもあるしね。正解っ。

そして夢子の話は、九九から算数へ、「算数と数学は違うよ、絶対」なんて、
過去の私とそっくりな逃げ口上へと発展してゆくのでした。
残念だけど、それ不正解。 どっちも同じだから。私も大人になって気づいたけどね。
そんな脳みそにこそ、救急が必要だとか なんだとか。



出てこないのか、重陽は。 

本来は、今の10月の行事ゆえ、栗節句・菊節句とか言っても確かにピンとこないよね。
今はまだ、天然の栗は採れないし、菊も咲き乱れてないんだもの。
収穫を祝おうにも、今は「撒き」し始めた時期で、の実りっていう実感も無いしね。

季節感のズレ。 かといって月遅れにすると、「9重なり」が うやむやになる。
ジレンマよねー(笑)。 だから徐々に薄れていくのかしら、重陽。。
1年の最後の、締めくくりの五節句なのにね。

このあたりでは、10月以降に 菊のイベントや収穫祭が行われるのが相場だし、
家で 栗ご飯やカボチャをべる節目の日は まだまだ先なのよね。



でも、今年はするのよ>夢子。
だって、2009年 9月9日は 「9」が並んでるの。 いわば重重陽。 ←作るな?(笑)

090909  (1)

菊の花は、岩手産だそうです。
いちおう、白3・黄色3・紫3、合計9輪で 重陽にしてみた図。


そして、菊酒。  じゃなくってジンジャーエールですけどね。
浮かべた花びらは、しつこいけど 9枚よ。
090909  (2)

で、杯を上げて、「夢子が長生きしますように♪」とね。

っぽい和菓子が売られていたのは、絶妙の配慮だと思ったわ(笑)。
まだ出回らない栗と柿と、カボチャのカタチなの。おかげさまで雰囲気アップできました。



夢子の用事が全て終わったのが 夜11時過ぎ。
それから始めた お節句ですが、菊酒もどきを ぐびぐびしながら、和菓子は完
は肥えるというのに、夏の間に戻せなかった反省は、、あした します。



の気配も、濃くなりますね。
重陽


2009. 七夕つれづれ

2009年08月07日 23:59

旧暦、たなばた。

葉っぱにたまった朝露で墨をすって、短冊を書くと、
願い事が叶うんだっけ、文字が上手くなるんだっけ、習い事が上達するんだっけ?(笑)
肝心なことを忘れてる私。 けれど断片的に覚えている、おばあちゃんの色んな話。

去年は晴れてて朝露摂取できなかったのですが、
今年は、朝露…というか雨の残りの水滴が、
ハスの葉っぱにいっぱい。サトイモの葉っぱにもいっぱい。小皿に流し入れられるほど。
ほんと、雨が多い夏。 農作物、心配されますね。


短冊ついでに、夢子の習字の宿題も やらせてしまおうと、
意気揚々とすった墨は、にじみまくりでね(笑)。
「にじまない半紙ください」って文房具屋さんに行き、新しい筆も買っちゃったりね。
夢子には、「半紙のせいじゃないよ、もうフツーに墨汁でいいよ…」と、たしなめられたりね。


(年々小さくなっている気がする)笹。 吊るす お飾り。
夢子は 折りヅルとかヤッコとかピアノとか知ってる形づくりに終始してました。
紙ピアノの鍵盤を、細かく細かくボールペンで描くのが、こだわりだそうです。
「七夕らしい」やつは、私が。 丸のつながりとか、びろーんってヤツとか。



手ぬぐい好きが高じて飾っている額は、ここしばらく七夕バージョンでした。
090807.jpg

これがあれば、笹飾り気分はもう充分だったかもしれないけど(笑)。

右の手ぬぐいは「観世水」っていう古くからの文様です。夏っぽいでしょ?
ちなみに、額に入れる手ぬぐいは1軍なの。2軍は普段使い。3軍は夢子の剣道用。



夜には、月も見えました。ちょっと妖しい夜空だったけど。
090807-.jpg
そういえば南の島で見たっきり、天の川はプラネタリウムでしか見てないな。。



この時期は、「平和」のありがたみも ひしひし感じますが、
なんか、色々とおかしな世の中だと印象づけるようなニュースばかりよね。
花火だ祭りだと、庶民がノンキにしてられる幸せが続きますように。




最新エントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。