FC2ブログ

寅年・初市・福だるま

2010年01月11日 23:59

今年も無事に買えました。 初市だるま。

100111 (4)

初めて、自分のダルマさんがほしいと言い出した夢子。初市で初買いね。
色の意味も知らずに、
「ピンクの! 濃いピンクじゃなくって、キレイな薄いピンクのやつ♪」
それを耳にした売り手のオジさんが大勉強してくれました。
隣のテントで買った私の白だるまと、ほぼ同じお値段。

サッカーボール大の初だるまを、両手で大切に抱えて歩く夢子。
ほんとはミニミニサイズでよかったらしいのですが、オジさんのご好意のおかげです。

私は例年どおり、運の良さげな明るそうなオジさんから買いました。
「トラ年だから黄色も売れてるよ」と言われたので、白いだるまに。
だって、トラといったら「西の白虎」でしょ?(笑)


酉の日なので、目入れも完了。
夢子だるまは、どこに置いてもこっちを見ているような気がするの。片目なのに。
怖いので、二人して置き場に悩みました。



七夕や夏祭りより沢山の露天が並んで、人の出もそこそこ。

100111 (1)100111 (2)
ピンボケは、わざとよ(笑)。


大きな達磨を買っている人を見たら、なんとなく嬉しくなりました。
祈・景気回復!


来年は、本来の真っ赤な達磨にしようかな。


スポンサーサイト



うちでは春えびす

2009年01月21日 23:59

主人の実家いわく、例年1月20日は「春の恵比寿講」。
家の「ならわし」みたいなもので、必ずしも全国的見解と一致しないかもです(笑)。


七福神専用の小さな神棚、これを出すところから準備開始。
黒い固まりに見えるでしょうけど、けっこうリアルな福神よ(笑)。
春戎
 ※むすめ撮影。
なぜか七福全員スタンバイ…。おにぎやかし?応援団?


恵比寿といえば熊手も付き物。両脇には七福宝船。
手前にロウソク立て (神具一式でなくても良いらしい)、
などなど配したら、御膳を供えます。

お箸と、尾頭付きの魚は必ず。 お神酒は、あればベスト♪
それ以外は適宜…。アバウトだが、心がこもっていれば的な?(笑)
春供え
 ※むすめ撮影。
今年は、いなり寿司・太巻き・カッパ巻き。 お赤飯でも◎だとか。
義母は料理上手です。 私は切るだけ。すみません。

注意: 神式の神さまは火を通したものは召し上がらない=生モノのみ、
そんな決まり事が神事の際にはあるようですが、
うちのは民間行事ですから~。それに七福神自体は神仏混合のようですし。


「本来の恵比寿講」の意味由来も 諸説あるようですけれど、
わが家の場合は 財福と五穀豊穣を願う行事のようです。

そして、「お賽銭をあげておくと翌朝 増えている♪」という不思議な言い伝えも。
うちの娘が置いた100円玉は、翌日いくらになっているでしょうか。→なんと500円に!
すごいよ、恵比寿パワー(笑)。


戎
ともかくも、ご祈願えびす なのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

群馬で恵比寿祭りといえば 大抵は11月なのですが、
1月の恵比寿といったら、関西の『十日えびす』ですよね。
全国で3500以上もあるという、えびす神社の総本社=兵庫県にある「西宮神社」で、
1月10日前後の3日間。七福の中で唯一の日本の神、えべっさんに、
商売繁盛を願う大祭。
イブの「宵えびす」、境内を走って決める「福男」は、テレビで見てても燃えます。

米俵・鯛・小判などが飾られた笹や熊手の縁起物の屋台は、
「商売繁盛、笹もってこい!」というフレーズと威勢の良さで知られてますね。
商売人には欠かせない縁起物は、年々大きいサイズにするのが吉なのでしょ?
そう聞くと、最初にどのくらいの大きさにするか、迷うよね?(笑)
 
 


最新エントリー