FC2ブログ

もう強引に秋とする

2010年09月08日 11:33

カッカしてる時に冷静になれる方法のひとつに、「納得する」がありますね。
数学ニガテな私にとって、
暑いよイヤだよとモウロウとしてる頭をクールダウンさせるものは、数値。


■ 実際ホントに暑かったのか。

住んでる地域で、30℃を超えた日数。 7月、22回。 8月、28回。 
ほぼ連日だわ。。そのうち半分くらい34℃超え。 …夢じゃなかったのね。


■ この暑さは、平年と比べてどんだけ違ったのか。

+2.25℃ですってよ。

え? 実感わかない?(笑)
平熱36度のヒトが38.25度の熱を出したら、かなり苦しいと思うけども。

では、1898~2010年、日本の8月の気温が少しずつ上がってる様子をグラフで。
ここ→ http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/aug_jpn.html



暑さ今昔比較について少し調べてみたけれど、
やっぱ行き着くところは「気象庁」かもしれない。 持ってるもん、データを(笑)。

「2010年 夏の異常気象分析結果」も、9/3に発表されました。
→ http://www.jma.go.jp/jma/press/1009/03a/100903extreme.html


「ふうん」って納得しました。 実際暑かったのね、だから暑かったのね、と。


*  *  *


あ、でもね、今夏の猛暑のヒドさを身近で気づくこともできます。

たとえばウチの柿の木。
例年なら、今ごろはもう薄緑色の実がいくつも枝について育ってるはずなのに、
今年は、ものすご~く数が少ない。そして小さい。 不作もいいとこ。
生き延びるのに必死で、実をつける余力がないのかな。
ほかの樹木も、葉っぱが日焼けで茶色くなってたり、くるんと丸まってます。

近隣の畑なんて、枯れかけた夏野菜を早々に処分したところが多くて、
「夏畑」の姿が消滅し、草ぼうぼうになってたりして、寂寥感が漂っています。
たまに草刈りにトライする姿を見かけるけど、途中であきらめるようです。
「秋畑」の準備すら、ままならないのかも。

こういう光景、ちょっと記憶にない。

他の、秋の実りは大丈夫かしら、小動物の食料もピンチよね、と心配しちゃう。
暑いのは夏らしくていいけれど、過ぎたるは被害を及ぼすよね。



暦のうえでは、立秋から1ヶ月、寒露まで1ヶ月という時期です。
本当は「ツバメが南方へ去ったのを見た」と言えたら風流なのですが、
今日、「アブラゼミの死骸を見つけ、コオロギみたいな虫の鳴き声を聞き」ました。
昨日の空も、夏の濃い青じゃなくて秋の透明感が出てきた気がします。
データは凄いけど、やっぱり体感。

だから! 今後どんなに気温が35℃を超えようと、もう秋! 秋に入った!
……気の持ちようですもんね、なにごとも。


スポンサーサイト



やっとやっと春の空

2010年02月18日 23:59

暖冬、温暖化なんて言われるけれど、年が明けてからは すっごく寒い!
2月は珍しく雪も数回降ったし、あたたかな日差しもしばらくご無沙汰で、毎日灰色の

1002snow(4).jpg




ですが、今日の午後、
暗くて厚い雲が途切れて、久しぶりに太陽が顔を出します。

100218(1).jpg

あ、切り替わってる。 になってる♪


そしたら夢子も、「の匂いがするよー♪」って帰宅しました。
土や草や風の匂いで季節認定できる嗅覚(笑)、私も以前はもっと鋭かったのに。

暦のから2週間。 ほんとのが立ちました。群馬では(笑)。



試験が終わったら2月が終わって、そしたら、夢子が慕っていた3年生の卒業式です。
また、やってくるのね。 旅立ちと節目の季節が。


またまた降りしきる雪

2010年02月13日 23:59

また、雪。

100213(1).jpg

けっこう激しい、降りっぷり。
夢子の送迎で恐る恐る運転のさなか、しばし停まって見とれるほどでした。

100213(2).jpg


電話をかけてきた実家の母が、かぜ声の私に、こう言うの。
「やだそれ、インフレ?」……

えっと…、インフルではないんだけど、今はデフレじゃないかな。。。




明日は、旧暦の「お正月」。 と春の、境目ですね。


寄り添って立春

2010年02月04日 23:59

まだまだ冷えますが、どこかでひそかに、春は始まっています。

我が家の薄紅色の乙女椿は、今年は花をつけてくれないけれど、
あたりを見渡せば、近所の屋根の上で、春風を感じているスズメ発見(笑)。

100204.jpg

寒そうに、ふくらんでました。 もうすぐ、あたたかくなるよ。


予告どおりの初雪

2010年02月02日 22:22

2月初日の天気予報。 「関東地方でも雪が積もるでしょう」

私もですが、普段、雪に慣れてないとこの皆さま、大丈夫だったでしょうか。


夕方、雨に濡れて帰宅した夢子は、鼻水じゅるじゅる+かすれ声。
どうしよ~。 ←言ってるだけ。こんなの慣れた。
雪も風邪も、不可抗力(笑)。
とりいそぎ夕食は、体があったまるものを、はふはふっと♪

冷たくて重い、みぞれ混じりの雨は、やがて音を立てなくなり、
白いフワフワがひらひらと舞い始め、あたり一面しんと静かになってきます。

090201snow (1)

雪って不思議。 
町の雑音を吸い込んで、白さと静けさが共鳴してるみたいな一体感があって。



明けて、朝。
テレビで映るのは都会の雪景色ばかりだけど、プチ田舎は、こんなです(笑)。

090202snow (1)

近所の畑。 埋まってるのは白菜の玉。


朝日に水滴が反射して、電線がイルミネーションみたいにキラキラしてました。

090202snow (2)


ぜんっぜん想像してない場面で、
「寒いねえ、(空を見上げて) あれ…、雪? 雪だよ、雪っ♪きゃー♪」なんて、
最近はなかなか経験できません、予報が当たるので。
当たるからこそ心の準備ができるので、ほんとは感謝なんですが。


で、平成22年2月2日22時22分22秒の更新を目指してみました。
明日は、節分ですね♪


どう見ても浅間山?

2010年01月07日 23:59

群馬と長野の県境に悠々とたたずむ浅間山。

100107 浅間

すっかり雪に覆われて、「ミニ富士みたい」と言う人も多い。
ものすごく晴れ渡った日には群馬からも本物の富士山のてっぺんが見えると言われてますが、
見たことない。 いつか見られるかしら。


わが家はいちおう関東平野にあって厳寒地ではないので、このまだ1度も雪は降らず。
例年ならスキー三昧の夢子も、このはまだ1度も。

「スキーしたいんじゃないの?」と夢子に訊くと、
「それどころじゃない」という返事。

お正月休み中、体をなまらせていた夢子は、
部活が始まった途端に全身の筋肉痛と戦っているのです。そりゃもう痛いらしく。
フェイタスとかいう湿布剤が飛ぶようになくなっていきます。 筋肉って無情なまでにリアルね。


静かな夕暮れ。   3学期が始まりました。

100107 浅間 (1)


夢子の担任は、ちょっと熱血でユニークなことをおっしゃる若い先生なのですが、
1学期が始まる時には「君たちは小学校7年生です」、
そして3学期の始業では「中2のゼロ学期だと思ってください」と挨拶されたらしい。

ゼロ学期って♪ 私は大ウケだったのに、
夢子は「じゃあ2学期しか中1じゃなかったってこと? なんか複雑~」とブツブツ。

まあね、でも、そのくらいのイメージでっていう、イメージの話じゃない?
浅間山だって、霊峰富士に見えなくもないでしょう?


…夢子の機嫌は、よけいに悪くなりました。。
思春期に まやかしは要らないのね。   だったらリアルを励むがいいわ。


送り火、花火、宵の風

2009年08月16日 23:59

エアコンをつけなくても、涼しい夜風が ふわりと抜けていきます。
少しだけ部屋の照明を落として、風がカーテンを揺らすのを見るのが、とても好き。

8時過ぎ、古都は五山送り火かしら…と、(見えはしないのに)ベランダに出てみると、
遠くから、ドーンという音が。


090816f.jpg


そうだそうだ、今宵は某所の花火大会♪
湯あがりの私と夢子は、小さな歓声をあげながら、見入ります。 
テレビを消して、濡れた髪が乾くほど飽きもせず、最後の大玉まで。


090816f (1)


「あ~…、終わっちゃったね…」

抜けていく風は、もう秋の気配。 コオロギかしら、タイミングよく鳴いてくれちゃって。
夢子は、「あーあ、休みも、もう終わっちゃうんだね…」と、遠い目をしていました。
13歳の、どんなふうに刻まれたんだろう。 武道武道で汗まみれ。あとは…?(笑)




送り火と聞くと、お盆の終わり、そしての終わりを感じます。
季節変わりに、きゅんと切なくなるのは、だけのような。

折々の「節目」は、季節感と密に結びついていて、
知らず知らずのうちに そっと人の背中を押してくれるのかな、次の節へと。
いつも思うけど(笑)、四季のある国で良かった♪


今日の お昼前は、お盆提灯に火を灯し、家から お墓までのお見送り。
夢子が持ってたのですが途中で消えちゃって、たまにあることなので周囲は動じもせず、
そこで火をつけなおして何事もなかったように向かうのでした。
後戻りして再度 家から… やり直さなくていいのが「現代」だそうで(笑)。


大人の休みも今日まで、という方が多いのでしょうか。
明日、月曜からは また「平常」が始まりますね。 お互い、がんば(笑)。

まだ遠慮がちな春小花

2009年02月28日 23:57

休日、晴れ渡った公園。

散りギワの熟した色香を漂わせていたのは、椿と、紅白の梅。

090228s (16)



090228s (10)



090228s (2)



090228s-.jpg




まだ葉っぱだけの、タンポポをみつけた。待ち遠しいな、元気な黄色。
090228s (7)



090228s (3)



090228s (4)



090228s (6)



090228s (5)



もっさりしてた てんとう虫(笑)。 まだ活発になれる気温じゃないのかな。
090228s (17)



うろうろしててもコートがいらなかった、うららかな暖かさ。
二歩進んでは一歩もどり、でも着々と春ですね。
 
 

今季2度目の雪の朝

2009年02月20日 11:12

090220s 8
結晶♪♪



天気予報、またまた大当たり。

090220s (7)
朝 起きたら、外は まっ白。 
けっこうな勢いで雪が降ってました。
090220s.jpg
家の中で暖房つけてても ガクガク震えちゃう。底冷えって、こういうことを言うのね。
今まで寒いなんて言ってた自分は甘かった。…このくらいで、そう言ってるのも甘い?


せっかく満開だった梅の花も、凍えて、痛々しい姿。。
090220s (1)

090220s (2)
かわいそう。雪が解けても、花びらは痛んじゃってるだろうな(涙)。


近所じゅう、雪雪雪。
090220s (4)

090220s (5)

090220s (6)


こんな朝ですもん、親としては、
「長靴、履いてくほうがいいよー」って言いますよね?
なのになのに、娘はイヤがる。

確かにもう小さめなんだけど、自分の短い長靴を「きついからイヤだ」と拒否。
私のブーツっぽい長靴を貸すと言ったら、「長いとゲタ箱に入らないから」と拒否。
「折っていいから。折ればいいじゃん。折れば入るでしょ!」と、たたみかけると、
「でも先生がなんて言うか…」だって。
「なんか言われたら、長靴の件は親がうけたまわるって、言え!」と(笑)。

どうしてあんなにイヤがるのか。
幼児な時は、晴れてても長靴を履きたがったのに。(しかもバナナで)

親の気持ちより、自分の意向なんだわ。
今朝は、私も譲らなかったけど。

でもね、帰ってきたら こう言うにちがいないの。
「やっぱ長靴いらなかったよ、誰も履いてきてなかったよー、んもーー」って。
だって この時間、雪もおさまって、少しずつ明るくなってるもん(笑)。

運動靴が びしょ濡れになって不快な思いをしたって放っとけばいいのよね(笑)。
過保護、反省ちゅうです。。 

 

メジロ来て知るウメ開花

2009年01月20日 16:55

今日はオナガの声がしない代わりに、小型部隊が。

090120-2 (1)
窓の外を見ていたら、いきなり目の前のヤマボウシの枝に舞い降りてきたの。

メジロ LOVEな私、神さまからのプレゼントかと思っちゃった(笑)。
でもほんと、落ち着きのなさは天下一品。 2枚撮れただけでも恩の字かもね。


加えて、よく見かけるけどわりと飽きない、目つきの悪いスズメも目の前に。
090120-2.jpg
今日はラッキーdayかも。←ささやかな私。



ここ最近、メジロがやけに頻繁に来るなあと気付いて、ふと見たら、
090120-2 (2)
梅の花が ほころんでる♪♪
そうかそうか、セットだもんね(笑)、 梅+メジロ。


ウメ咲く、モモ咲く、サクラ咲く、…そんな時期ですね。
  
 


最新エントリー